System Center 2012 の環境は、ホスティングでも利用できるって知ってました?


ブログでの案内が遅くなってしまいましたが、ラスベガスでの System Center 2012 の正式発表に先駆けて、System Center 2012 を採用したサービスがリリースされました。

その名は 「CLOUD CENTER for Windows」

http://www.bit-isle.jp/ccfw/index.html

ビットアイルさん、ありがとうございます!

さて、今回注目していただきたい点は、ホスティング事業者さんが自社システムの管理環境として使っているとかいう事例の話ではなく、サービス化された System Center 2012を、お客様が自社システムの一部として利用できるというところにあります。

これで、System Center 2012 Virtual Machine Manager の環境構築や、その裏で動く Hyper-V 環境の構築をせずに、その環境を借りることができるわけです。

そう、System Center は面白そうだけど、ちょっと敷居が高いと思っている方でも、その初期導入の手間を一気に無くすことができますし、プライベートクラウドやハイブリッドクラウドの導入の足掛かりにしていただく事も出来ると思います。

*****

さて、私がこの話を聞いたのは少し前でしたが、ITのサービス化の流れで、いろんなものがサービスとして提供できるんだなと感じました。

System Center 2012 に興味を持っているお客様にとって、System Center 2012 を 「やるか?やらないか?」ではなく、「どこまで自分でやるか?」という選択肢があることを、是非ご理解ください。

しかも今後は、VMM 以外の System Center も対象になりそうですから、System Center 2012 のポテンシャルをガンガン活用していただけるものと信じてます。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content