富士通さんから Hyper-V & NetApp の事例が


ICTを使った教育現場の進化には、データ容量増加への対応が不可欠のようですね。

だからこそ、ストレージとストレージ系ソリューションはシステムアーキテクチャーを考えるうえで、カギを握っているのかもしれません。

http://storage-system.fujitsu.com/jp/solution/case/440/?fstory=1203a05-05

仮想化、ストレージ、ネットワーク、切っても切り離せないこの3つをどう活用すべきか、いろいろと考えさせられます。

***

そして、このような事例の積み重ねがお客様への信頼へとつながるのでしょうね。

富士通さん、NetAppさん、ありがとうございました!

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content