超簡易版 System Center Service Manager 2012 Beta インストール手順


System Center 2012 シリーズの最新版 (ベータ もしくは RC) のダウンロードをお願いしたわけですが、インストールって面倒なんだろうなと思っている方も少なくないと思います。

が、実は簡単です。

ということで、備忘録も兼ねて、超簡単な手順書を書いておきます。

**** System Center Service manager 2012 Beta Install ****

【管理サーバー】

  1. Windows Server 2008 R2 のインストール
  2. Active Directory ドメインに参加
  3. 機能の追加
    • .NET Framework 3.51
  4. Report Viewer 再配布パッケージのインストール (SCSMのインストールパッケージに入ってます)
  5. SQL Server 2008 Analysis Management Object (Microsoft 分析管理オブジェクト) のインストール
    • このモジュールが何かわからないかたは、一度 SCSM のインストールを進めてみてもらえると、ダウンロード用の URL が出てきます
    • SCSM インストール中に このオブジェクトをインストールしても表示が変わらず、SCSMのインストールは一度キャンセルし、再度実行しました
  6. SQL Server R2 のインストール
    • SQL Server が他のマシンの場合、SQL Server 2008 Native Client のインストールも必要 (SCSM インストール中に URL がわかります)
  7. System Center Service Manager 2012 Beta の管理サーバーのインストール

【Service Manager Web ポータル (Webコンテンツサーバー)を管理サーバーと同じマシンにインストール】

  1. .NET Framework 4.0 のインストール
  2. 役割の追加
    1. IIS (基本認証も必要)
  3. System Center Service Manager 2012 Beta のWeb ポータル(Webコンテンツサーバー)のインストール

【Authoring Tool を管理サーバーと同じマシンにインストール】

  1. System Center Service Manager 2012 Beta の Authoring Tool のインストール
    1. Microsoft Visual Studio Shell 2008 が無いというメッセージが出る
    2. Authoring Tool セットアップ画面のリンクからインストール可能 (インターネット接続は不要)

【Service Manager Web ポータル (SharePoint Web パーツ)を 別マシンにインストール】

  1. Windows Server 2008 R2 のインストール
  2. Active Directory ドメインに参加
  3. SharePoint Server 2010 のインストール
    • インターネット接続環境なら、必須条件は SharePoint 側で用意した準備ツールの実行で自動整備できます
    • それが終わったらSharePoint のインストールをする
  4. 構成ウィザードの実行
  5. SharePoint 2010用の英語 Langpack を準備し、インストール
    • これにより、日本語OSと日本語SharePoint環境をベースに環境構築可能に

****

Service Manager は、一見手順が多いですが、1つ1つの作業は難しくありません。

SharePoint Web パーツの部分は、もう少しきちんと試して情報をお伝えします。

あとは、Authoring Tool まで動かそうとすると、それなりのマシンスペックがほしいところですね。

====

ちなみに、Active Directory と SQL Server 2008 R2 (照合順序 は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS) を別のマシンに用意しておき、ドメインに参加した仮想マシンが簡単に作れるように SCVMM 2012 RC の環境まで作っておけば、System Center の各製品のインストールはとても簡単です。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content