超簡易版 System Center Orchestrator 2012 RC インストール手順


System Center 2012 シリーズの最新版 (ベータ もしくは RC) のダウンロードをお願いしたわけですが、インストールって面倒なんだろうなと思っている方も少なくないと思います。

が、実は簡単です。

ということで、備忘録も兼ねて、超簡単な手順書を書いておきます。

**** System Center Orchestrator 2012 RC Install ****

  1. Windows Server 2008 R2 のインストール
  2. Active Directory ドメインに参加
  3. .NET Framework 3.51 機能の追加
  4. .NET Framework 4.0 のインストール
  5. SQL Server R2 のインストール
  6. System Center Orchestrator 2012 RC のインストール
    1. IIS は自動的にインストールしてくれます
    2. 既定値: Web Service のポート番号は 81、 Orchestrator Console ポート番号 は 82

****

インストール作業そのものには注意をするところは特にないのですが、インストール終了後に Orchestrator の Webサービスにアクセスしようとして、うまく行かず、私自身困りました。

何度か再インストールをしても変わらず・・・

最初から調べておけばよかったのですが、すぐに原因が見つかりました。

Beta と RC で URL が変わったようです。

私は SCSM 2012 のコネクターの設定をしようとしてはまってしまったのですが、皆さんもお気を付け下さい。

====

ちなみに、Active Directory と SQL Server 2008 R2 (照合順序 は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS) を別のマシンに用意しておき、ドメインに参加した仮想マシンが簡単に作れるように SCVMM 2012 RC の環境まで作っておけば、System Center の各製品のインストールはとても簡単です。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content