超簡易版 System Center Configuration Manager 2012 RC インストール手順


System Center 2012 シリーズの最新版 (ベータ もしくは RC) のダウンロードをお願いしたわけですが、インストールって面倒なんだろうなと思っている方も少なくないと思います。

が、実は簡単です。

ということで、備忘録も兼ねて、超簡単な手順書を書いておきます。

**** System Center Configuration manager 2012 RC Install ****

  1. Windows Server 2008 R2 のインストール
  2. Active Directory ドメインに参加
  3. 役割の追加
    • IIS の追加
  4. 機能の追加
    • .NET Framework 3.51
    • BITS 機能の追加
    • Remote Differential Compression (RDC)
  5. .NET Framework 4.0 のインストール
  6. SQL Server R2 のインストール
    • SCCM 2012 は Beta の頃は SQL Server 2008 R2に対応していませんでしたが、RCから対応してくれたみたいです
  7. WSUS 3.0 SP2 のインストール
    • WSUS が リモートの場合は、WSUS 3.0 SP2 のコンソールのみをインストール
  8. SQL Server マシンの ローカルアドミニストレータ に SCCM コンピュータアカウントを追加
  9. System Center Configuration Manager 2012 RC のインストール
    • 要インターネット接続 : Configuration Manager Product Updater を使ってモジュールを13個 ダウンロード (事前にやっておければフォルダ指定するだけ)

****

最後に書いた「要インターネット接続」のところがポイントでしょうか。

全く難しい手順ではないのですが、仮想マシンで閉じた環境でテストをしている方はお気を付け下さい。

ちなみに私のデモ環境はノートPCで、NIC はドメイン用に固定IPなのですが、もう1つ64bit OSでも動くUSBのLANケーブルをノートPCにつけて、仮想マシンにも常に2つネットワーク設定をするようにしています。

普段は仮想マシン側のUSB LANは無効にしてるんですが、いざインターネットにつなぐ時だけ有効にすることで「他のマシンでダウンロードしてコピーしたり、ISOファイルに変換して・・・」みたいな作業が一気に減ります。

====

ちなみに、Active Directory と SQL Server 2008 R2 (照合順序 は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS) を別のマシンに用意しておき、ドメインに参加した仮想マシンが簡単に作れるように SCVMM 2012 RC の環境まで作っておけば、System Center の各製品のインストールはとても簡単です。 SCVMM 2012 RC 環境作成時に WSUS の環境までつくっておけば、更に楽ですね。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content