ようやく Hyper-V が有効になったサーバーが出荷開始となります! アプリストアも Hyper-V 対応?


Hyper-V の売りの1つ (というか大きな特徴の1つ) は、Windows Server 2008 R2 の標準機能であることです。

仮想化を IT の現場で誰にでも使ってもらえるようにする

というマイクロソフトが2003年の Dynamic Systems Intiative で掲げた目的は、 Hyper-V という形で現れ、Hyper-V がシェアを伸ばす理由の1つとなっています。

ただ、まだまだ仮想化を特殊なものだと思っている方が多いのも確かです。

スペックが高くなった最近のサーバー機を仮想化技術を利用せずに使いこなすのが難しい時代になっているにもかかわらずです。

そこで、富士通様と新しいチャレンジを始めました。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4074

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2011/10/11-1.html

Hyper-V が有効になった状態のサーバーを出荷してもらいます。

更には、Hyper-V 上でアプリケーションまで動作する環境を富士通マーケティング様から提供していただきます。

サイボーズさんや Symantec さんを筆頭に、すでにいくつかのアプリケーションがリストアップされています。

参考資料

とにかく、多くの方に仮想化技術を活用してほしいと思う気持ちを是非、日本の多くの企業の方にご理解いただければと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content