Hyper-V+NetApp が面白い ~8/29 の特別ゲストはネットアップさんです!


仮想化は便利ですね。。。

Hyper-V もバージョンアップと共に高速化し、物理環境と比べて極端なパフォーマンス劣化も見られなくなりつつあります。

また、Windows Server 2008 R2 SP1 に搭載された Dynamic Memory によって、メモリの効率的活用への現実的な回答も出しました。

さて、次に控えているのは。。。運用管理機能の高度化ですね。

あらためて案内しますが、8/29 に実施する Tech Fielders セミナーでは、仮想化の管理を高度化する次期バージョン SCVMM 2012 を取り扱います。
https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032490896&Culture=ja-JP

====

ちなみに、SCVMM 2012 では、ストレージの管理までも行えるようになります。

たとえば、ミッションクリティカルな仮想マシンにはファイバーチャネルSANストレージを、ソフトウェアレベルで高可用性が保てる仮想マシンや比較的SLAを低く見積もれる仮想マシンにはiSCSIストレージを割り当てるといったことが仮想マシンの管理基盤の中で実現できるようになります。

そして SAN ストレージの機能と連携することで、超高速な仮想マシンの作成や超高速なバックアップも可能となります。

そう、仮想化基盤にとってストレージはとても重要な要素技術なわけです。

てなことを、セミナーでも口頭で話していたわけですが・・・偶然にもネットアップさんとお話をする機会がありまして、一緒にいろいろやりたいねって話になり、だったら登壇してくださいとお願いをして、急きょOKをいただきました!!!

ネットアップとマイクロソフト ?? と思われる方は多いかもしれませんが、ラスベガスの Microsoft Management Summit に行ったことがある方は知っているはず、、、これがなかなか仲がよいのですよ(笑)

そして、ネットアップさんの持つソリューションと連動すると、Hyper-V や SCVMM 2012 がさらに面白いものになるわけですよ(笑)

早速、ネットアップさんのサイトでもセミナーの紹介をしていただいてます!!

今回のセミナーでは・・・16:30~17:00の間くらいにネットアップさんのお話がスタートすることでしょう。

30分だけで恐縮ですが、Hyper-V の運用がどう変わるか?を知るきっかけにしていただければ幸いです。

ご興味のある方は是非ご参加ください!

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content