日本IBMさん主催の System x 部 (生!) で仮想化のお話をしました。


昨日の夕方、日本IBMさんにお邪魔し、Ustream を使ったセミナーというか、勉強会というか、二人座談会というか、「しすなま」なるものに出させていただきました!

社外メンバー登壇が初めてということで、マイクロソフトの仮想化やプライベートクラウドをテーマにしていただましたが、私の話だけでなく、日本IBMさんが実際にHyper-Vを検証していただいた際のTips、そしてX5アーキテクチャーやeX5メモリー拡張ユニットの紹介などもあります。

どんな雰囲気だったのか、何を話したのか、興味がある方は是非ご覧ください!

http://www.ustream.tv/channel/systemxlive

====

登壇者二人の掛け合いだけじゃなく、画面上に出てくる Twitter のコメントなどにも反応しながら、自分が知っている事を話すというのはすごく面白くて、私も楽しませていただきました。

また、実際に環境を作っていただいている方々にはご苦労もあると思うのですが、放送部室的なとってもアットホームな感じでした。

*** 別の会社にお邪魔しているとは思えないのは、エバンジェリストになる前に日本IBMさんを担当させてもらっていたからでもありますが、それにしてもリラックスし過ぎかな(^_^;)

*** 先ほど会社で見ていて、自分の適当なしゃべりに思わず笑ってしまいました。

====

実は、夕方からセミナーしてほしいとか、定期的に勉強会をやってほしいという声も多くいただきます。

皆様のお気持ちはすごくわかります。

ただ、会場を押さえてのセミナーを定期的に実施したり、夕方からのセミナーを継続して実施するのはそれなりに敷居も高いのです。

そういう意味では、比較的軽く実施できる「しすなま」は、セミナーを企画実施する立場としても、非常に参考になりました。

ということで、IBMさん、お世話になりました。

―――

次回は Redhat さんご登壇ということで、私も時間が合えばUstreamで勉強させていただこうと思いますし、みなさんも気軽に参加してみてください。

そして、せっかくの参加型なので、気になることがあるなら登壇された方へ遠慮なくコメントしてあげてください!

あの雰囲気なので答えられないものはごめんなさいで終わるでしょうし、いろいろと突っ込んでもらった方がやりやすい面も多そうなので(笑)

日本マイクロソフト 高添

P.S.
話の途中に出てきて、きちんと答えられなかったHyper-V 導入コーディネーターについてはこちらをご覧ください。どうやら今月中のようです。http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/technologies/hyperv-advisory.mspx

Comments (0)

Skip to main content