Dryad は HPC の SP2 に含まれ、HPC の Azure 連携は SP2 で大幅強化です!


先日セミナーをした Windows HPC Server と Dryad ですが、提供を開始した SP2 に含まれることになりました!

そして、GW に入ってすぐに SP2 の Beta がダウンロード可能となっています。

ダウンロードは Connect サイトから。 (Windows HPC Server Beta 検証の登録をすることになると思います)

TechNet Online にも情報が上がっています。

Dryad については私にとってまだまだ未知数の多いのですが、ダウンロードした SP2 ベータのドキュメントに以下の記述を見つけました。これなら行けるか!?

====
Note that in this Beta release the new ‘Linq To HPC’ functionality (previously previewed as ‘Dryad’) is more easily setup through the full ‘new customer’ experience.

An updated Beta SDK is available in ‘HPCPack-SDK-3639.zip’ with additional Dryad/Linc to HPC documentation available in the ‘DSCandLINQ’, ‘dryad_beta_documentation’ and ‘dryad_beta_samples’ archives.
====

で、SP2 は Dryad だけかというとそうではありません。

[Azure Integration]

  • Add Azure VM Roles to the cluster.
  • Run MPI jobs on Azure Nodes.
  • Connect to Azure Nodes with Remote Desktop.
  • Enable Azure Connect on Azure Nodes.

[Job Scheduling]

  • Guarantee availability of computing resources for different user groups.
  • Enable or require users to log on using soft card authentication when submitting jobs to the cluster.
  • Submit jobs to the cluster from a web portal.
  • Use an HTTP web service to submit jobs across platforms or across domains.
  • Specify different submission or activation filters for different types of jobs.
  • Over-subscribe or under-subscribe core or socket counts on cluster nodes.

[Cluster Management]

  • Add workstation nodes that are in a separate domain.
  • Export and import cluster configurations as part of disaster recovery plan.
  • Start the HPC Job Scheduler Service in Restore Mode using an HPC PowerShell cmdlet.

[Runtime and development]

  • Write and run data-parallel applications using Dryad and DSC.
  • Common-data APIs for SOA workloads.

など、Web ポータルやWeb サービス経由でジョブを実行できるようになったり、Windows Azure の新しい機能をハイパフォーマンスコンピューティングで活用するための機能も追加されました。

Windows HPC から Azure にインスタンスを追加するのが如何に容易か?はセミナーで見てもらった通りで、バラバラに作ってつなぐというハイブリッドではなく、管理コンソールからノードを追加するだけの、これぞハイブリッドと言えるものになっていますので、VM Role がどのような役割を果たすのか? Excel VBA マクロの分散処理に使えるのか?など、楽しみですね。

いろいろと調べないといけないことはありますが、興味のある方は是非、Windows HPC Server 2008 R2 SP2 を(ベータですが)触ってみていただければと思います。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content