Windows 7 Service Pack 1 (SP1) 用のリモート サーバー管理ツール (RSAT)


9日ほど熱に悩まされていたのですが、ようやく体が軽く普通の状態に戻りつつあります。。。ただ、昨日から咳が止まらず、水曜日のセミナーまでに直さねば。。。

そんなこともあって、少し連絡がおそくなってしまい、既に各方面から知らせを聞いている方もいらっしゃるようですが、念のため私からもRSATについてお知らせしておきますね。

Windows 7 から Windows Server 2008 R2 をリモート管理するツールの SP1 対応版がようやく出たんです。

以下の URL からダウンロードをして、Windows 7 SP1 にインストールしてください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7d2f6ad7-656b-4313-a005-4e344e43997d&displayLang=ja

ちなみに、はじめてRSATというこのツールをインストールする方は、一度上記サイトを見ておいてください。

なぜかというと、インストールするだけではスタートメニューとか管理メニューに出てきてくれないですから。。。

というのも、Hyper-Vの管理をしたいのか、Active Directory の管理をしたいのかでツールも違いますから、管理者が選べるようになっているんです。

なので、①インストールして、②使いたいツールを選択することで、使えるようになるというわけです。

****

それからもう1つ。

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、RSAT がインストールされていた Windows 7 に Windows 7 の SP1 をインストールすると、RSAT も SP1 に自動対応されています。

わざわざ上記モジュールをインストールする必要はありませんので、ご安心ください。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content