【結論】 Microsoft iSCSI Target を無償提供


多くを語る必要はなさそうですねスマイル

Microsoft は、Storage Server のオプションとして数十万円もしていた iSCSI Target を無償でダウンロードできるようにしました!

Microsoft iSCSI Software Target Download

ファイバーチャネルによる SAN の良さはあると聞きますが、コスト削減を目指して仮想化導入を決めた企業にとって iSCSI という選択肢は現実のものとなりました。

そして、この iSCSI Target は、Windows Server をストレージに変えるソフトウェアとなりますので、Windows の操作に慣れている方であれば、ハードウェアストレージに詳しくなくても導入が可能です。

****
さて、どうやって使うのかが知りたい方は、こちらの資料をご覧ください。

セッション資料:
Hyper-V 2.0 & Microsoft VDI の環境を一から作る
高添 修
[PDF→] [XPS→]

少し前に私がやっていたセミナーの資料で、上記 iSCSI Target のインストールから接続方法、Hyper-V のライブマイグレーション環境の作成までの手順を追ったものになります。

====
少しだけ解説をしておきましょう。

この iSCSI Target は、6.5MB 程度のモジュールで、インストールは1~2分。

そして、インストール後に作る LUN は VHDファイルそのものになります。

VHDファイルにiSCSI経由でアクセスすると、なぜか共有ストレージに見えていて、フェールオーバークラスタ環境が作れるわけです。

「VHD は仮想化技術そのものである。」と言えばよいでしょうか。

すぐにはイメージがわかないと思いますが、一度触れば意味が分かります。

そして、無償化されたのでいつでも使えます。

是非、一度使ってもらえるとうれしいです。

念のため、本社側の発表に使われたサイトも掲載しておきます。

http://blogs.technet.com/b/virtualization/archive/2011/04/04/free-microsoft-iscsi-target.aspx

日本マイクロソフト 高添

Comments (5)

  1. moln7feiさん:このブログは投稿に承認をしていないので、表示されていないとしたらうまく投稿できていなかったのかもしれませんね。

    それから、すいません、ご質問の意味がよくわからないのですが・・・

    複数のクライアントでファイルを共有するだけなら iSCSI-Target は必要なくて、普通に共有フォルダをドライブマッピングするだけでよいのではないでしょうか?

    ローカルのディスクに見えてないといけない場合は、基本的には1対1で使うことになると思います。

    ちなみに、もしもですが、以下のようなご質問であれば、答えはNoです。

    「iSCSI-Target を使ってフェールオーバークラスタ環境を作り、Cluster Shared Volumes にした時に、複数ホストからアクセス可能なCSV共有ボリュームはファイルサーバーでも利用可能か?」

  2. moln7fei より:

    れれ?先に質問させて頂いた本題の質問が表示されていないですか?

    iSCSI-TargetのR2版は、複数クライアントから共有してPhotoshop等から

    アクセスは可能でしょうか?

    以前Dellのサーバ担当さんにうかがった際は、Datacenter版であれば、

    iSCSI-Targetを1対1(サーバ側とクライアント側)で共有はできるかも、とのことでした。

  3. moln7fei より:

    追伸:

    ZM-VE200、神デバイス!

    UMA-ISO@上海問屋+HDPX-U40@io-data

    ありがとうございました。

  4. 例のMSI のやつですね^^

    工夫せずにうまく使ってもらえるようになってよかったです!

  5. とらとらとら より:

    以前から、2008版のiSCSI-Targetを、例の手で修正して、2008R2クラスタ評価環境に使用していました。

    これで、正規版を評価用に利用できるようになり、嬉しい限りです。

    iSCSIはお客様環境の検証には最適です。

Skip to main content