通販から学ぶプライベートクラウド


私が「プライベートクラウド」という言葉をプレゼンテーションスライドに使い始めたのはいつだったのだろう?

そう思って、これまでに作ってきたスライドがたまっているフォルダを見ていると、どうやら今年の3月頃だったらしいです。

あれから8か月経ち、私の頭の中にあるプライベートクラウドは大きく進化を遂げました。

そして、頭の中にある1つの形が「通販」。

利用者がほしいと思った時にほしいものを購入する。そして、その裏(サービス提供者)側では涙ぐましいコスト削減努力が行われている。

そう、通販には表と裏があるわけです。

これはプライベートクラウドでも同じ。

現時点では、仮想化リソースをサービスとして提供するというシンプルな形態が多く、それだけでも、膠着した IT インフラ利用の最適化を進めることはできるでしょう。

しかし、そこはクラウド。

利用者目線、サービス志向なくして成り立たない。

なぜかというと、予算を持っている各部門は、自社の IT 部門が提供するサービスを不要と思えば外部のサービスを利用できる環境が整いつつあるのだから。

だからこそ、表と裏がある事を認め、表と裏の両立を意識したクラウドサービスを作っていかないといけないはずです。

***
でも、なぜ通販に注目したか?

それは、通販がお客様目線で物を売っているというだけではなく、売りたいものに価値を感じてもらえるようなメッセージや付加価値をつけ、利用者が納得して購入するというパターンを作り上げているから。

企業の IT 部門の方が、仮想化や自動化を使ったコスト削減という裏の姿を見せずに、いかに表の顔(サービス)にこだわり、それを常に進化させていくことができるか、これがプライベートクラウド成功のカギではないかと思うのです。

また、正しくターゲティングできている(と思われる)点も大きいです。

TV通販やラジオ通販なら番組提供の時間枠における視聴者(購買)層を考えている事でしょう。

1年365日、社員全員に画一的なサービスを提供するのではなく、社内にいるxxな人にはこういうサービスを、○○な人にはああいうサービスを、△△な人がこういう状況の時には別のサービスを提供するという、サービスとターゲティングがとっても重要になってくるはずです。

ちなみにITのクラウドには、通販にはない柔軟さがあります。

それは、期間で提供できるという点です。

「自宅に通販で買った数々のダイエット器具がある。。。」なんて私のような状況は、 IT のクラウドサービスでは起きないはずなので(^_^;)

そう、この期間で提供できるということから、ITがリソースだということにもあらためて気づくはずです。

これも、プライベートクラウド化を推進する際に必要となる考え方でしょう。

===
余談ですが、こんな事を考えるきっかけを与えてくれたのは、私がセミナーでお話をしている SSP 2.0 です。

SSP 2.0 が完璧なプライベートクラウドだとは思っていません。

ただ、仮想化とクラウドの違いを理解するヒントをくれたという点で、私はその有効性を信じているし、とても面白い無償ツールだと思っています。

マイクロソフト 高添

P.S.
なんだか変な投稿になってしまいましたが、次からはちゃんとマイクロソフト製品を含むプライベートクラウドの現実と、私が注目しているプライベートクラウドにおける4つの要素について書いていこうと思います(笑)

Comments (2)

  1. iczerone さん

    プライベート?の前に、クラウド全体がサービスであるということを思い出してもらえるとよいのではないでしょうか?

    たとえば、iczerone のいう上記の銀行の例は、銀行業務の中の「お金を預かってくれるとう1つのサービス」のことですよね。小さな粒度にこだわってしまうと、「仮想マシンを提供するサービス」がクラウドのすべてだという話をしているのに近いのではないかと考えるのです。

    それに、通販=プライベートクラウドということではなく、通販の仕組みから見て取ることもできるという感じでとらえていただければと思います。

    そのうちゆっくり投稿しますが、銀行を例えに書くこともできます。

    1:利用者から見た銀行にはいくつかのサービスがあり、それは利用目線で提供されなければ使われずにすたれていく。

    そして、銀行をパブリックなクラウドだと考えれば、社内からは銀行のサービスを使いさえすればよい。

    2:しかし、銀行業務をプライベートなクラウドとして提供しようとすると、どのようなサービスを社内に提供するべきか(表)、そして、その業務を円滑に低コストに進めるためにはどのような仕組みづくりが必要か(裏)を考えないといけない。

    ※プライベートというのは、その仕組みを自分で作らないといけないということでもあるわけです。

    3:ちなみに今までのIT部門は、表を意識せずに、(ちゃんとできていたかは別として)裏ばかり考えていた。しかし、このままでは今まで通りのIT部門に過ぎず、1のパブリックなサービスにとって変わられる日がくるかもしれない。

    ===

    私の認識では、3→2にするのがプライベートなクラウド化だと思います。

    いろんな雑誌やWebを見ていただいてもわかる通り、3のすべてを1にするのは難しい。

    そして3を3のままにしていては時代に取り残される。

    だからこそ、クラウドの時代を見据え、3を3のままにせず、3を2にするという選択肢が求められているのだと思います。

    繰り返しますが、2では、「表と裏の両方を意識しないと成り立たない」というチャレンジを突き付けられているのだと思います。

    さらに言うと、仮想マシンというサービスは、使いたいときに迅速に仮想マシンを使えるという表と、自動化や標準化によりコストを下げやすいという裏の両方が近しく、実現しやすいテクノロジーではあります。

    まとめると、サービス化は自然の流れであり、そのサービスの仕組みを利用するだけなのか、自分でサービスを提供する仕組みそのものを作るのかでパブリックとプライベートを使い分ければよいのだと思います。

    高添

  2. iczerone より:

    高添殿

    さいきんプライベートクラウドの「プライベートって何?」ってずっと悩んでいます。

    この記事を見てもまだすっきりしません。

    すっきりしない状態での今、私はプライベートクラウドを「銀行」と思っています。

    自分の所有するお金を

    銀行の責任で

    どこかわからないところで保管し

    守ってくれる

    そして、いつでも取り出すことができる

    物理的なものが電子化され守られて物理的なものになったり、いつでも利用できるとかなんだかクラウドサービスっぽいなと。お金を「情報」とかえるとかなり同じようにみえるのと銀行のたとえだと「誰でもわかりそう」って感じがしたので。

    ただ、これがすべてクリアできているかというと… うーん

    通販のイメージに足りないかなというのが「自分の物を預けるところ」がないような気がしたのでまだしっくりきていません。

Skip to main content