Dr.高添の”誰でも”プレゼン 8 TIPS ~その6 PowerPoint 2010 のセクション~


私が使っているプレゼンテーションのコツを紹介するシリーズです。久々ですいません。

~その1~はこちら
~その2~はこちら
~その3~はこちら
~その4~はこちら
~その5~はこちら

*************

Tech・Ed 2010 も終わりましたが、今回は Windows Intune のセッションを二人で担当することになり、PowerPoint 2010 の新しい機能を使ってみました。

それがこちら↓で、PowerPoint の1つのファイルの中をセクションで分けるというものです。

image

もう少し大きくしてみましょう。

image

そう、Windows Intune のセッションを「導入部」「Windows Intuneとは?」「Windows Intune の管理サービスの利用」・・・とセクション分けをしたわけです。

image

セクションを作るのはとっても簡単でしたし、スライドをセクション間で移動するのもドラッグ&ドロップで出来ちゃいました。

====

さて、既に気づいている方もいるかと思いますが、今回はセクション毎に何分という時間の情報も入れることで、70分というセッションをどのような時間感覚で進めようとしているのかを共有したりしていました。

もちろん、予定通りにいくとは限らないのですが、「あるセクションで時間を使い過ぎたら、他のセクションで短縮を試みる」といった調整を意図的に、しかも細かくできるようになるので、妙な安心感の中でセッションに臨むことができました。

しかも、セクション毎コピーしたりすることもできるため、スライドを流用することが多い私にとっては手放せない機能となっています。

プレゼンテーション資料を作る方にはおすすめです!

****

「だけど、Office 2010 を持ってないんだよね」という方のために追加で情報を。。。

この「セクション機能」が出てくる前から気になっていたのですが、Microsoft Office Lab の PPTPrex というものがありまして、おそらくセクションの前身ではないかと思える機能を持っています。(ある意味、セクション機能よりも高度です)

http://www.officelabs.com/pptplex

これらを見ていると、1つ1つの地道な研究の積み重ねが重要だと、あらためて感じさせられますし、Office の「誰にも負けない」という強い意志を感じます。

マイクロソフト 高添

Comments (2)

  1. 松浦さん、こんにちは。

    コメントどうもありがとうございます!!

    いただいたご要望の3つを試してみたので、スクリーンショット付きで投稿しておきました。

    blogs.technet.com/…/3354369.aspx

    できるもんですね!

    特にセクション毎の印刷は使えそうです!

    高添

  2. matsu より:

    高添さん。

    お世話になります。ヒーロー島(ヒーローしま) 松浦です。

    「セクション」..知りませんでした。

    というよりも「見たことあるような気がする」で使ってなかったというのが正しいのかもしれません。

    こういう風に紹介していただけると、使い方が明確で「良さ」がよくわかります。

    特にセッション名に所要時間を入れるなどの事例がうれしいです。

    今までワード、EXCELを使用してセクションごとの担当分けや所要時間を調整していたので、

    このような機能は非常にありがたいですね。

    ちょっと使ってみましたがセッションの区分けが明確になり、管理が楽そうです。

    ただ使ってみると便利なだけに、いろいろ要望が出てきます。

    ・「リハーサル」機能でセッションごとの時間を出した。

    ・セッションごとに「画面切り替え効果」を設定したい。

    ・セッション単位でのサムネイル印刷

    ※簡単に見ただけなので実現できるものもあるかもしれません。

    せっかくですのでOfficeチームに要望としてあげたいと思います。

    参考にさせていただきました。

Skip to main content