Exchange Server 2010 にバルクでユーザーを作成する PowerShell スクリプト


先日の Tech Fielders セミナー の資料はこちら
http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx

に公開してあり、資料の最後にも入ってはいますが、検索では引っかからないかもしれないので、すぐに使えそうな部分は直接投稿しておきますね。

=================

用意する CSV ファイルの例はこちら。
(私たちの名前が入っているので、こちらはテキストコピーできない状態のままとさせてください)

image

そして、実行する PowerShell スクリプトはこちら。 (青字のところは、環境に合わせて変更してください)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

## Exchange Server 2010 へのセッション確立

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri http://ex2010.contoso.com/PowerShell/ -Authentication Kerberos

Import-PSSession $Session

 

## CSVファイルからのデータインポート

$data = import-csv c:\demoscripts\MBinfo.csv

 

## パスワード情報のセキュア処理

function New-SecureString([string] $plainText)

{

$secureString = new-object System.Security.SecureString

foreach($char in $plainText.ToCharArray())

{

$secureString.AppendChar($char)

}

$secureString

}

foreach ($i in $data)

{

$ss = new-securestring $i.password

$upn = $i.alias + "@" + $i.fqdn

 

## メールボックス作成処理

New-Mailbox -Name $i.name -Alias $i.alias -OrganizationalUnit $i.ou -UserPrincipalName $upn -SamAccountName $i.alias -FirstName $i.FirstName -LastName $i.LastName -Password $ss -ResetPasswordOnNextLogon $false

}
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ CSV ファイルにはパスワードが直接書かれているので、利用者にパスワードを変更してもらう仕組みと一緒に使うなど、現場での工夫は必要だと思っていますが、参考になれば幸いです。

マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content