Office Communications Server 2007 R2 を Windows Server 2008 R2 にインストールする際の大まかな流れ


先日の Tech Fielders セミナー の資料はこちら
http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx

に公開してありますが、検索では引っかからないかもしれないので、すぐに使えそうな部分は直接投稿しておきますね。

=================

Office Communications Server 2007 R2 ですが、他の製品と比べるとインストールまでの手順が多いのでお気を付け下さい。

  1. 前提条件の確保
  1. ドメイン参加
  2. 役割と機能の追加
  3. KB975858 適用 (約1分)
  4. Active Directory 証明書サービス立ち上げ
  5. DNS サーバーへの SRVリソースレコード追加
  • Office Communications Server 2007 R2 (OCS) インストール
  1. Active Directory 準備
  2. RTC 関連グループへのユーザー追加
  3. OCS インストール (サーバーの展開)
  4. OCS サーバー構成
  5. 証明書の要求と構成
  6. IIS での証明書設定
  7. サービスの開始
  8. 管理ツール インストール
  • 管理と利用
  1. RTC ユーザー有効化設定

※ 1つ1つの作業は難しくないのですが、手順が多いですし、いきなりホワイトペーパーを読み解こうとすると大変なので、まずはざっくりと流れをイメージしていただければと思います。

======
で、今回紹介するのは「前提条件の確保」の中の 2 番の手順として実行する PowerShell スクリプトです。

image

コピーしたい方はこちらから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

# ServerManager モジュールの追加

Import-Module ServerManager

# IIS役割と役割サービスの追加

Add-WindowsFeature Web-Static-Content,Web-Dir-Browsing,Web-Http-Errors,Web-Http-Redirect,Web-Asp-Net,Web-Net-Ext,Web-ASP,Web-ISAPI-Ext,Web-ISAPI-Filter,Web-Health,Web-Http-Logging,Web-Log-Libraries,Web-Request-Monitor,Web-Http-Tracing,Web-Security,Web-Windows-Auth,Web-Filtering,Web-Performance,Web-Stat-Compression,Web-Mgmt-tools,Web-Mgmt-Console,Web-Mgmt-Compat,Web-Metabase,Web-WMI,Web-Lgcy-Scripting,Web-Lgcy-Mgmt-Console,FS-FileServer,NET-Framework-Core,IH-Ink-Support,Desktop-Experience,MSMQ-Server,MSMQ-Directory,RSAT-ADDS,RSAT-AD-AdminCenter,RSAT-AD-PowerShell -Restart

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この PowerShell スクリプトでは、IIS のモジュール追加に加えて、MSMQ や デスクトップ エクスペリエンス、Active Directory の管理ツールも追加しています。

一度パターンを覚えてしまうと、Office Communications Server のインストールの敷居が下がりますので、是非お試し下さい。

マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content