1月29日(金) SharePoint 2010 Tech Forum に登壇することになりました。


まだまだ本格始動というには程遠い状況ですが、そろそろ気合を入れて取り組まなければならなくなってきました。


その1つが 現在開発中の SharePoint Server 2010。


私は普段、Windows Server 製品担当や製品担当エンジニアと一緒にセミナーをしたり、CTCさんを含む外部の方と一緒にセミナーをやらせていただいたりしていますが、SharePoint は SharePoint で、社内外のスキルの高い方々が既にベースを作り上げてくれています。


さらに、私の中で SharePoint と言えば開発系エバンジェリストの松崎が思い浮かびます。


SharePointを知っている方はご存知だと思いますが、必ずと言ってよいほど開発が絡んでくる製品?なわけで、その領域に対して松崎の凄さが活かされています。いきなりコードを書くのではなく、SharePoint というミドルウェアをベースに(開発プラットフォームとして)アプリケーションが出来上がっていくという選択肢も十分ありだということなんです。


※ あのサイボーズさんも、SharePoint 上にアプリケーションを作っていただくことになっています。
http://group.cybozu.jp/news/09092801.html


じゃあ、なぜ私が今更 SharePoint か?


===========================================
SharePoint を使ってもらう前に、「MSにとっての SharePoint」と「それを前提とした SharePoint が持つ独自の世界観」をきちんと理解してほしいと思っていたからです。


もう少し具体的に書くと、製品を担当している人は ”その製品を軸にして、早く先に進みたい” という思いが出てしまいがちなので、特定の製品を担当していない私が入ることによって今一度立ち戻るというか、「SharePoint とは?」の前に「MS における SharePoint は?」から始められるのではないかと思ったわけです。


その思いが伝わったからかどうかは別として、SharePoint ビジネスをゴールにしているメンバーが私に枠をくれました。ありがとう!


http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032439464&Culture=ja-JP


ーーーーー[コース内容 / Agenda]ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


13:30-15:30 IT PRO必見! 2010からはじめるSharePoint(120分)


SharePoint Serverを始めようとして最初につまづくのが、ファーム構成でのSharePoint 環境の構築と設定です。本セッションではWindows Server 2008 SP2 上に実際にSharePoint Server 2010をセットアップしながら、SharePoint Serverの概念や出てくる用語などを紹介します。


講師:高添 修 (マイクロソフト株式会社)


15:45-17:15 IT PRO 必見! ここまで出来るSharePoint 2010 (90分)


Tech Fieldersコラム「SharePointシリーズ」の執筆者自ら、SharePoint Server 2010 に搭載された標準機能を使って企業内の情報インフラがどう変わるかを解説します。また、ファームを管理していく上で必要な知識も学習することができます。


講師:山崎 愛 (オフィスアイ株式会社)


17:15-17:30 Q&A
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


SharePoint を知っている人向けには他にも多数セミナーが企画されていますので、今回は SharePoint を知らない人向けです。


私のセッションでは、いつも通りインストールからやります。


ただ、インストール作業を勉強するものではなく、インストール作業やその前提条件を眺めることによって SharePoint 内部で使われているコンポーネントやアーキテクチャを理解してもらうつもりです。もちろん「環境を自分でも作れる」という自信をつけてもらえれば、製品に対する敷居は大きく下がりますから。


もちろん、インストールでは終わりません。
その後は、SharePoint の プロ の一人 山崎さんから SharePoint Server 2010 の標準機能について解説していただこうと思っています。


===========================================


ちなみに、上の方に「開発が絡んでくる製品?」と書きましたが、SharePoint Server 2010 では、開発をしなくて良い部分がかなり増えていると聞きます。(まだ勉強中なのであえてやわらかめに)


そこにも期待をしていただきたいです。


ということで、パートナーの皆さまとは是非一緒に SharePoint ビジネスを盛り上げていきたいですし、実際に利用されるお客様には、MSの情報インフラにおける SharePoint の位置付けと、その素晴らしさをご理解いただき、是非使っていただきたいと思っています。


当日はセミナー会場でお待ちしております。


マイクロソフト 高添


P.S.
実は同じ日、安納が Tech Fielders セミナー 東京 [BI を用いたログ管理(取込みから分析まで)~SQL Server 2008 R2 編] をやってます。
http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032438413&Culture=ja-JP


私は6Fのセミナールーム、安納は5Fのセミナールームです。

Comments (0)

Skip to main content