[セミナーの案内②] 10月16日 CA Expo 2009 ~Hyper-V 2.0 CSVのバックアップについて~


*****<2>******

次は日本CAさんのイベントで、CA Expo 2009 です。公式サイトはこちら。

www.caexpo.jp

私は、リカバリマネージメントトラックの以下のセッションを日本CAの福田さんと一緒に担当することになりました。

時間:14:00-14:45

内容:「CA ARCserve BackupとWindows Server2008 R2仮想化で実現する安心のデータ保護」 B-2 「CA ARCserve BackupとWindows Server2008 R2仮想化で実現する安心のデータ保護」

「なんで、CA さんのイベントに?」

と思う方もいらっしゃるでしょうが、マイクロソフトはパートナーの皆さんと一緒にビジネスのサイクルを回しています。

時に敵に成ることがあるのは確かですが、Windows 上で動くアプリケーションを作っていただいている以上、仲間でもある訳です。

しかも、今回のセッションで紹介する ARCserve は、早々に Windows Server 2008 R2 に対応していただき、Hyper-V 2.0 のバックアップ環境を整えていただきました。

本セッションでは私は Windows Server 2008 R2 の仮想化を紹介し、それをバックアップするツールとしての ARCserve をCAさんに紹介してもらうことになりますが、新機能クラスタの共有ボリューム(CSV) のバックアップのデモも実施出来そうな気配があるので、是非楽しみにしていてください。

そう、Hyper-V 2.0 の関係者にとっては、かなり重要なセッションになりそうです。

マイクロソフト 高添

P.S.
マイクロソフトも System Center Data Protection Manager 2010 をちゃんと開発中であることは覚えておいてくださいね。

Comments (0)

Skip to main content