外付けHDDを使わずに Windows Server バックアップ のデモ


Windows Server 2008 から採用された Windows Server バックアップという標準バックアップ機能は、

image

といった感じで、ファイルやフォルダを選択していたそれまでのバックアップとは大きく変わっています。

「あのファイルはバックアップを取れているのか?」なんて心配する必要はありません。

なぜかというと、Cドライブ全部がバックアップ対象なのですから・・・

====

さて、今回はそんな話ではなくて。

ご存知かもしれませんが、Windows Server バックアップ機能は、バックアップデータをディスクに保存します。

その代わり、追加のディスク(外付け、ネットワーク、DVD等も可)を用意しなければなりません。

これ、ちょっとデモをしたいとか、設定画面を確認したいと思ったときに不便だったんです。

が、Windows Server 2008 R2 は、ディスクの管理ツールから VHD ファイルを作ったり、ボリュームにマウントしたりできるようになっているので、VHDファイルを外付けディスクのように利用できないか?と思い試してみました。

image  
上の図のボリューム (N:) は、実はCドライブ上のVHDファイルです。

そう、VHDファイルをバックアップ先に指定できるようになりました。

=今までもVHDをマウントするツールを使えばできたのかもしれないなあと思いつつ・・・

バックアップの設定を確認したりするデモの時には便利ですね。

※ 実環境で利用する際には、VHDファイルは別ドライブにおいてください。C ドライブが壊れたとき、CドライブのバックアップがCドライブ上のVHDファイルに置いてあるのは意味がありませんから。

=======

それから、バックアップの状態が見えるようになりました!!

image

あとどのくらいかかるんだろう????なんて事は無くなりますね。

マイクロソフト 高添

Comments (2)

  1. 澤田さん、どうもです。

    「仮想化の輪」で返事できていなくてすいません。VHDブートももちろん議論してもらって構わない・・・というか、VHDブートから情報をまとめても面白いですね。徐々にディスカッションを始めていきましょう。

    さて、この件ですが、まったく同じとは言い切れないものの、

    ・VHD からブートできるようになったり

    ・VHD ファイルを1つのディスクとしてマウントできたり

    ・(Storage Server の)Microsoft iSCST Target では論理ボリュームをVHDファイルとして作ったり

    ・Windows Server バックアップのデータがVHD形式で保存されていたりと

    徐々に物理ディスクとの垣根がなくなってきているのは間違いないですね。

    ディスクが仮想化されて、その仮想ディスクを使う側のテクノロジも進化していくので、両方の視点から技術の進化を見ていく必要がありそうです。

    マイクロソフト 高添

  2. Sawada Masaya より:

    高添さん

    澤田です。

    VHDファイルは、その名前の通り物理ディスクと変わらず利用できるようになっているんですね。

Skip to main content