みんなは知ってるかもしれない Excel の Tips  ~ 置換で書式変更~


私、Excel って得意じゃないんです。

面白いし、いろんな事ができるのはわかっているんですが、頭の悪い私には敷居が高い。

みんなが Excel をバリバリ使っているところをみてすごいなあって思います。

自らをExcel 使いだと言っている奥主からすると間違いなく素人です。

だから、これから書く事も、「こんなことみんな知ってるかもなあ」と思いつつ、私のように知らない人がいたらきっと喜んでもらえるだろう、しかもブログだから別にいいじゃんと割り切って書いています。

****

さて、私も Excel 2007 をなんとか使っていまして、今日は面白い機能を見つけました。

それがこれ↓

image

※ Hyper-V という文字を検索して、該当セルを黄色に塗りつぶそうとしているところ。

皆さんは既に知っていることなのかもしれませんが、「置換」に書式変更機能が付いてたんですね。

検索して文字を探し出すだけではなく、検索した文字列が入っているセルの書式を変えることで、視覚的にも簡単に情報を見つけ出せました。

例えば、検索したら結果が1つで、そこにたどりついたら終わりということなら検索でいいのですが、結果が複数ある場合には面倒です。

だって、スクロールした後にはどこにあったかわからない・・・みたいなことがよくあったのです。

お恥ずかしい限りです。

だから、これは便利だなあと思いました。

当たり前だと言わないでくださいね。オプションボタンを押したら始めて出てきたんですから!!

ちなみに、自宅の Excel 2003 でもできました。前からあったんですね。

マイクロソフト 高添

Comments (1)

  1. 奥主 洋 より:

    Excel使いを返上しようかな。これは私も使ったことがありません。やっぱりすごい便利ですね 2007 は。

    問題は私は Excel5.0 から本格的に使っているのでできないときは VBA を書いちゃう癖がついちゃっていて、深く機能を探るのは止まっちゃっているんですよね。自分でロジックを書くとレポートを整備する上では機能制限ないし、何度でもできる自動化ができるので。それと周りで厄介な条件でレポート指定して来る人が多かったというのもあるでしょうね。それとルーツはあまりにもAS/400

    やっていた時にレポートを作成する処理を書き過ぎた結果ですね。

    Office を教科として教えてらっしゃる先生方が一番 Excel を知っていると経験上 とても思います。ショートカットキーもよくご存じですからね、皆さん。

    そういえば今日 SharePoint Server の製品マーケチームとミーティングしていましたが、もうすぐ VBA をお使いの方にお持ちのスキルを活かせる、DB に接続したり、まあ色々な次のステップを解説する本が 3月 ごろに出るようです。私のようなシチュエーションの人がいたらぜひ読んでいただきたい本になりそうです。

Skip to main content