iSCSI ターゲットとイニシエータの接続


すっごく中途半端に投稿してしまいました、メールで受け取っている方々、どうも失礼しました。


別スレッドにて、iSCSI ターゲットの話がありましたが、一度も iSCSI に触れたことがない方にとっては未知の世界ですよね。


ダウンロードセンターに、Windows Unified Data Storage Server (WUDSS) 2003 のビデオが置いてありまして、マイクロソフトが提供している iSCSIターゲットとイニシエータの接続が(英語ですが) 動画として解説されていたので、ついでに紹介しようと思いました。


WUDSS DEMO
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bcc83d7c-8b9c-433a-8423-ae65d68749ea&DisplayLang=en


ビデオの前半はWUDSSのファイルサーバーとしての機能が解説されていますが、後半にiSCSI Target が出てきます。


そこでも面白いものが見れます。


何かというと、iSCSI ターゲットの画面から仮想ディスクを作る際にVHDファイルとして作成されます。


Software によるストレージの仮想化といったところでしょうか?


いろんなものが、どんどんVHD になっていく・・・という不思議な感覚が味わえると思います。


マイクロソフト 高添 


 

Comments (0)

Skip to main content