Windows Server 2008 でのデュアルブートとBCD編集ツール


今、2台のデモ用ノートPC(+プレゼンPC1台)を持ち歩きながら、社内外問わず日本中で仮想化のデモをしています。

時には「道場形式=Windows Server 2008がインストールされただけ状態からHyper-Vの追加やSCVMMのインストールなどを行いながら、数時間で仮想システムを作っていくセミナー」をやったりもしているのですが、さすがにセミナーの前にOSのインストールからやるわけにもいかず、ディアルブート環境を利用しています。

簡単に解説すると3つのパーティションをこんな感じで使ってます。

・Cドライブ:きちんと作られたデモ環境

・Dドライブ:Windows Server 2008 がインストールされ、ネットワークとディスプレイドライバだけインストールした状態
※この状態をWimファイルとしてバックアップしておき、道場形式のセミナーの前に戻して使っている

・Eドライブ:1台はWindows Vista、1台はHyper-V Server 環境を立ち上げられるようにしてある

*****
ここで課題が出てきます。

Windows Server 2003 までのOSでは、 Boot.iniファイルの書き換えでブート時にリスト化されるパーティション名(OS名)を変更したり、デフォルトで立ち上げるパーティション(OS)を指定したりしていたのですが、Windows Vista から仕組みが変わったんです。

http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/library/85cd5efe-c349-427c-b035-c2719d4af778.mspx

上記サイトにも理由が書いてありますが、今までのBoot.iniでは対応できない状況が生まれてきているので新しい仕組み=ブート構成データ (BCD)を作り上げたわけです。もちろん、BCDを編集するツールもあります。

ただ、この手のツールは、好き嫌い(向き不向き?)がある気がしてまして、私としてはもう少しわかりやすくイメージしやすいツールがいいなあって思ってました。。。

で、同じ思いをしている人、これはどうでしょうね。

http://neosmart.net/dl.php?id=1

一度ちょっと使ってみただけですけれども、わかりやすいと私は思いました。

ということで、「BCDはよくわからん」と思っている方は一度触ってみると良いかもしれませんね。

マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content