SCVMM 2008 Betaのテスト ~Hyper-Vの機能を自動追加~


**まだベータの段階でうまく動いてくれない部分もありますが、SCVMM2007との違いを整理し始めようかなと思って書いておきます。**

1つ目として、ホスト追加時の動作についてです。

Virtual Server と SCVMM 2007の関係では、Virutal Server のインストールは SCVMM の機能で実現できていました。

そこが Hyper-Vと SCVMM 2008になるとどうかというと、SCVMM 2008のホストとしてWindows Server 2008を追加しようとするとHyper-Vが自動で追加されるという動作をしてくれます。(現時点ではエラーあり)

  1. 新しいWindows Server 2008をドメインに参加
  2. SCVMM 2008の画面でホスト追加
  3. ウィザードが開始され、Windows Server 2008マシンが仮想サーバをホストするマシンとして追加される
    1. SCVMMのエージェントが Windows Server 2008に送り込まれる
    2. 途中、Windows Server 2008が再起動
  4. Windows Server 2008が立ち上がってきて、SCVMM 2008がホストとして認識するとOK

****

このパターンが問題なく動作してくれるなら、ホストマシンはServer Coreで十分だと思います!!

今日やった限りでは、Windows ファイアウォールの設定が注意点です。

今日は、エージェントを送り込む際にエラーがでていて、問題解決のための情報にファイアウォールについて記述があったので、無効にしてやってみました。

どの通信を許可すればファイアウォールを無効にしなくても大丈夫かは、もう少しちゃんと動作するビルドが出てきたら確認しようと思います。

マイクロソフト 高添

 

Comments (0)

Skip to main content