Visio 社内説明会の中で・・・ ~Visio から PowerShellが生まれる?~


先週の金曜日の夕方に社内向けVisio 説明会がありまして、参加してきました。

昨年 Visio カンファレンスで登壇したこともあって、私の主催者側としての参加でした。

一言二言のコメントをと思って会場に行ったのですが、印刷したスライドが用意されていて「デモの段階になったら、まずは高添さんのコメントから入りますね」って。

あれっ、やばっ(^_^;)

事前に連絡をいただいていたので想定の範囲内ではありましたが、去年の Visio カンファレンスを思い出して一生懸命メッセージを伝えました。

Visioに関してはいつものことなのですが、デモはお任せで、一度もVisioを触らずにただマイクを持ってコメントするだけだったりします。

相手は世界で一人しかいない Visio 担当テクノロジスペシャリストで、掛け合いが Visio関係者の皆さんに受けてまして、私はそれだけで良いらしいです。

海老一染之助・染太郎さんで言うところの、染太郎さん役ですね。(そこまで面白い訳ではありませんが(^_^;)

まあ、Visio だけをずっと見ている人とは違うコメントになるのは当然ですから、Visio の良さを Visioをよく知っている人がデモをし、マイクロソフトの製品を広く担当している私が違った観点でコメントを加えていくことで相乗効果が得られるという面白いセッションではあると思いまして、今後も Visio チームの皆さんとは仲良くさせていただこうと思っています。

******
あっ、今日はそんなことを書きたかったわけではなくて、その説明会にはエバンジェリスト田辺もいて、彼はちゃんと説明も Visio のデモもしていました。

何を説明していたかというと、これです。

http://blogs.technet.com/stanabe/archive/2008/04/28/writing-powershell-script-with-visio.aspx

Visio で絵を描いて、ちょこっと設定すると、Windows PowerShell のスクリプトを出力してくれるというツールです。

オモシロっ!!

このツールめちゃくちゃ面白いですよ。

いきなり黒い画面とカーソルだけのシェルを立ち上げて、タカタカとコマンドを叩いていけるエンジニアさんには遠回りかもしれませんが、私のようにGUI大好きで、いきなりコマンドとかスクリプトと言われると誰かがGUIを作っていないか、せめてサンプルはないかと検索しようとしてしまう人間にとっては、Visioからスタートできるのは非常に良いと思います。

PowerShell はマイクロソフトの管理環境のベースとなりつつある強力なテクノロジであることをご理解いただきつつ、簡単な操作の流れやツールのダウンロードサイトも上記田辺のブログに載っていますので、是非是非使ってみてください!!

マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content