SCVMM が新しくなる前に (その5) ~ホストの追加~


今回は、「複数の物理サーバーを1つの画面で管理するためのホスト管理機能」について書いてみます。


前にも書いたように、SCVMM 管理サーバーと 実際に仮想サーバーを動かすためのホストサーバーは別で、今回は仮想サーバーを動かすためのホストの話しになります。


※ ちなみに、場面や人によって、ホスト・物理サーバー・機能名そのまま(Virtual Server・Hyper-V等)、いろんな呼び方がありますのでご注意ください。


****
さて、私の Blog を見て勉強を始めてくれた方がいたら、SCVMM の環境だけが出来上がっていることでしょう。


話しをそこから始めます。


SCVMM の管理ツールを立ち上げると、左側に「ホスト」「バーチャルマシン」「ライブラリ」・・・と大きなボタンが並んでいるので「ホスト」の管理をするときは「ホスト」をクリックします。


そんな細かな話しを書き始めるとえらく長くなってしまうので、ポイントだけ書いておきますと。。。


まず、管理される側として必要なのは、



これだけです。


「あれっ、Virtual Server を事前にインストールしなくていいの?」と思った方もいるかもしれませんが、問題なしです。


なぜかというと、SCVMM によるホストの追加ウィザードには、Virtual Server 2005 R2 SP1 のインストールまで含まれているからです。


だから、すでに Virtual Server がインストールされていればエージェントだけ送り込んでそのまま管理下に置き、Virtual Server がインストールされていなければエージェントに加えて Virtual Server もインストールした上で管理下に置くことになります。


たったこれだけ。


おそらく、企業として、もしくはエンジニアとして仮想化の環境に一旦触れてしまうと、よほどパフォーマンスの問題が出ない限り新しいサーバーは仮想環境で実現したいと思うことでしょう。SCVMM は、その拡張性の高さと迅速さによって、仮想化された企業インフラを支えてくれることでしょう。


目指すは以下のような環境で、図では物理サーバーが5台ですが、これが10台だろう20台だろうと同じように管理ができるようになるわけです。


image

Comments (0)

Skip to main content