SCVMM が新しくなる前に (その4) ~SCVMMインストール~


今回は、ちょっと話しを元に戻しまして、「SCVMMのインストール」について触れておきます。

まず最初に誤解をしてほしくないのが「SCVMM は、Virtual Server 上に入れるものではありません。」ということ。

要は、SCVMM は管理する側、Virtual Server マシンは管理される側として、別々のマシンで動かすことも可能だということです。
同じマシンで動かすことも可能なのですが、それが標準ではなく、「同じマシンで動かすことも可能」くらいに思ってもらった方がアーキテクチャ的に理解しやすいはずですから。

今回はわかりやすいように別々のマシンで動いていることをイメージしてもらえればと思います。

****
さて、SCVMM の基本的な機能をテストするだけであれば、インストール作業はいたって簡単です。

  1. Windows Server 2003 (R2 、SP1・SP2 でもOK。できればUpdateして最新の状態にして下さい。OSの評価版はこちら)
  2. IIS + ASP.NET + BITS 
  3. Windows PowerShell (ダウンロードしてインストールして下さい  x86 x64) 
  4. WS-Management v1.1 (ダウンロードしてインストールして下さい)
  5. .NET Framework 3.0 (ダウンロードしてインストールして下さい。 今なら SP1も一緒にインストールするつもりで。言語パックはこちら)
  6. SCVMM のSetup.exe を起動しインストール画面を表示 (SCVMM の評価版はこちらから English と書いてありますが日本語も入ってます)
    1. SCVMM サーバーのインストール
      1. SCVMM インストールの流れの1つとして SCVMM のモジュールに含まれている SQL 2005 Express をインストールできます
      2. もしSQL 2005 Express を事前にインストールしておく場合は、インスタンス名を MICROSOFT$VMM$ として下さい。
        (名前が違っていると認識してくれませんので注意)
      3. もちろん、Express ではなく SQL Server 2005 + SP2 を事前にインストールしておいても構いません。
    2. SCVMM 管理コンソールのインストール
    3. Self-Service Portal のインストール

これで終わり。

後は管理画面を立ち上げて管理開始です!! 

最初に書きましたが、このタイミングでは Virtual Server というソフトウェアは出てきていません。

そうです、まずは仮想環境を管理する SCVMM の環境を作ることから始めてもらうほうがトータルな手間を減らすことができます。

Comments (3)

  1. Sawada Masaya より:

    SBS 2003へいれてみたのですが、問題なく動きそうですね。

    SCVMM (その20)まで続くとのことですので、すっごく楽しみにしています。

  2. ありがとうございます。

    ただ、Blog の投稿は、たぶん SCVMM (その20)まで続きますので、それを待ってからでも構わないですよ(^。^)

  3. Sawada Masaya より:

    高添さんのブログを読んでいたら、SCVMMを使ってみたくなりました。

    とりあえず、今まで作ってきた仮称環境で、検証してみようと思います。

Skip to main content