AD日本語ロケールにおける Windows Server 2008 Active Directory 不具合とお願い


先週金曜日、TechNet Flash というニュースレターの号外にて、Windows Server 2008 評価版 ダウンロード提供開始と日本語ロケールでの Active Directory 不具合への対応のお願い」という情報をお伝えいたしました。

木曜日は祝日だったこともあり、金曜日に来たメールをきちんと読まなかったという方もいらっしゃるかもしれないので、あらためて月曜日の今日、お知らせをさせてください。

以下は TechNet Flash 用に書いたトップストーリーの文面をそのまま載せています。

****************************************************************************************

このたび、マイクロソフトが提供する新しいサーバー OS、Windows Server 2008 評価版のダウンロード提供を広く開始しました。製品開発完了については事前に発表させていただきましたが、これにより日本の多くの企業とエンジニアの皆様に検証していただける準備が整ったことになります。

しかし、継続しておりました検証作業の中で「Windows Server 2008 を日本語ロケールで使用した場合、Active Directory の一部機能で予期しない動作をすることがある」ということがわかり、この度、本問題を解決するための修正プログラム提供の準備も整えました。
つきましては、Windows Server 2008 の検証作業のお願いに加え、お手数をおかけしますが、日本語ロケール環境で Active Directory を使用する場合は、必ず以下の Web サイトを参照いただき、修正プログラムを適用後にご利用くださいますようお願い申し上げます。

Windows Server 2008 日本語版 ご利用に際しての注意事項 (重要)

さて、思い起こせば数年前、Windows Vista と Windows Server 2008 は "Longhorn" というコードネームの単一のプロジェクトの一環として開発を開始しました。そのため、プラットフォームでは多数の共通のテクノロジが採用されており、両方のオペレーティング システムを展開することで、クライアント/サーバー両面からさらなる利点を享受できることがわかっています。
たとえば、SMB 2.0 とオートチューニング機能によるファイル転送の高速化、ネットワーク動的検疫、ポリシーによる帯域制御 (QoS) や詳細な電源管理など、一部を取って見ても現場ですぐに利用したくなる機能が満載です。
ぜひ、以下のサイトをご覧いただき、Windows Server 2008 と Windows Vista を一緒に利用する際のメリットについて、さらなる情報収集をお願いします。

Windows Vista と Windows Server 2008 を組み合わせる利点

また、Windows Server 2008 や Windows Vista での新しいプラットフォームの構築に加え、他の製品によるサービスの提供を検討している企業もあると思います。現時点でも、Exchange Server 2007 や SharePoint Server 2007 は Service Pack 1、SQL Server 2005 は Service Pack 2 にて Windows Server 2008 に対応し、よりセキュアでより安定したプラットフォームを各種サーバー製品と共にご利用いただけます。そして、他の製品も順次 Service Pack などにより対応を進めて参りますので、どうぞご期待ください。

マイクロソフトのアプリケーションの対応状況 (英語)

Windows Server 2008 は、時代のニーズに応えるための新機能に加えて、現場の意見を多く取り入れ作られた成果物でもあります。ぜひ、早いうちに Windows Server 2008 の良さを体験していただき、導入をご検討いただければ幸いです。

Windows Server 2008 評価版 ダウンロード

*****************************************************************************************

なお、会員の皆様に既にダウンロードいただいた Windows Server 2008 そのものについて変更はありませんので、「日本語ロケールにおけるActive Directoryの不具合に対応するためには修正プログラムの適用が必要である」ということをご理解いただいていれば、今までダウンロードした Windows Server 2008 をそのままご利用いただけます。

お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします。

マイクロソフト高添

Comments (0)

Skip to main content