拝啓 皆々様


あわただしい年の瀬、皆々様はいかがお過ごしでしょうか?

*********

なんてセリフを吐きたくなるくらい間を空けてしまいました。
前回の投稿はSeptember 28。。。 あれから、もう2か月以上にもなるんですね。

しかも前回は鎌倉の大仏様・・・ということは忘れてもらって、本題に戻ります。

Blog を書いていなかった2ヶ月間、道場やMicrosoft On、支店とのコラボセミナーなどで全国を回り、多くの方に出会い、多くの元気をいただきました。

ちょっと愚痴モードになってしまった私を温かい言葉で迎えてくれた方や、「Blog を楽しみにしてますよ、また書いてくださいね」って言ってくださった多くの皆様、そして更新されていないBlogに何度も足を運んでくださった皆様(驚くほど多くの方がここにきてくれていました)、本当にありがとうございました。

内輪で申し訳ないですが、支店の方々にも随分とお世話になりました。

今は継続して書く自信が持てていないのですが、お礼だけは書かなければとずーっと、ずーっと思っていて、今日になってようやくお礼が言えます。

私がここまでやってこれているのは皆々様のお陰です。
誰がどのように思おうと、私を信じてくれている皆様がいる限りは・・・という思いが勇気となって私を前進させてくれています。

本当にありがとうございます。

**********

さて、投稿できなかった言い訳は抜きにして、「高添はここにいます」というタイトルらしく近況報告を。。。

これから年末にかけて忙しくなる方も多いと思うので、あまり大きな声ではいえませんが、先週2つのセミナーを終えて仕事がようやく落ち着きました。

記事を2つほど仕上げる必要はありますが、気張ってやらずとも通常の流れの中でこなせそうですし、後は来年のプラン作成に没頭できそうです。

ちなみにプランについてですが、頭の中にイメージはあるのですが、多くのラインナップを持つマイクロソフト製品の中でどのような内容のものを展開するべきか、伝えた情報が間接的にどんどん広がっていく仕組みをどのように作っていくか、オンラインを利用した仕事とオフラインでのセミナーのバランスをどうとるか、同じセミナーでも東京と支店のある各拠点とのバランスをどう考えるか、場所によって課題が違う各支店とどのようにコラボレーションするか、Windows Server 2008 Launch が控えているので突如仕事が湧いてきた時にどうするか、海外出張を含め予算をどのように使えるかなど、それらの仕事を通して(単なる技術提供に終わらず)多くの気付きを与えるにはどうすべきか等、いろいろ考えながらのプランニングが必要になります。

正直に言うと、今まではやっていること1つ1つに「今までのマイクロソフトから脱却し、あくまでもエンジニアのためになることが結果としてマイクロソフトのためになるはず」という大きな意味と理由があって、そこに引きずられる形であまり細かい部分を気にしていませんでした。

ゼロをイチにする(立ち上げをする)ってそのくらいの意志の強さが必要だと思っていたので、細かなことや後ろ向きな事をいう周りの声には耳を傾けなかったし、時には排除するように仕向けもしました。

自分勝手だと思った人も多かったでしょうが、今でも間違っていなかったと思っています。

ただ、IT Proエバンジェリストという役割やIT Pro道場というセミナーがようやく認知されはじめ、継続フェーズ(イチをニやサンにする)に入ってきたと感じる今、継続することの大事さを忘れないようにしつつも次のフェーズに移行しなければと感じています。

勝手な思い込みではありますが、自分が成長して新しい気付きを提供し続けることこそ多くの方への恩返しだと思っているので。。。

ま、どこまでできるかわかりませんが、また新しいチャレンジが始まると思っていただければ幸いです。

高添

P.S.
この文を書くのに一週間かかりました(^_^;)
「自分は大人」だと言わんばかりに背伸びをして書きましたが、私もまだまだ子供ですから、これからも間違いやら失敗を繰り返すことでしょう。
でも、まずはきっかけが必要なので、Blogについては、これで継続して書ける気がしてきました。

Comments (2)

  1. sawada-san

    いつもありがとうございます!

    そして、とてもありがたいお言葉もありがとうございます!

    私だけが大変な訳じゃないってことは重々分かっているつもりなんですが。。。ほんと、私もまだまだですね。

    こんなことを繰り返しながら少しずつ成長している気もするので、今後もお付き合いをよろしくお願いします!!

    Blog もがんばって書きますね。

    SCVMM については情報も少ないので、その辺も少しフォローをしていこうと思います。

  2. Sawada Masaya より:

    モチベーションを維持するのは、とても大変なことだとおもいます。

    特に一つのことを維持しつづけることは、他人には図り知れないプレッシャーだったとおもいます。

    私を含め、IT Pro道場を通じ高添さんの魅力を引かれ何度も足を運んでいる人間もいることも忘れないでください。

    いままで、お連れ様でした。これからもよろしくお願いいたします。

Skip to main content