OVF(Open Virtual Machine Format):仮想フォーマットも標準化へ


仮想化について話しをすると、すぐに競合相手との戦いの話しに持っていこうとする人達がいますが、IT業界が置かれている現状とこれから進むべき方向を考えると、今は業界をあげて仮想化を推し進めるべき重要な時期ではないかと思い、そのようにお伝えしています。

で、それが私の勝手な思い込みではなく、現実のものになりそうだというお話しです。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3190

*******************
SML の標準化の際にも面白い顔ぶれでしたが、今回も Dell、HP、IBM、Microsoft、VMware、XenSourceといった仮想化テクノロジ業界を代表する企業の名前が並んでいます。

ま、仮想化はダイナミックシステムには欠かせないテクノロジでありますが、あくまでもプラットフォームです。仮想化が進めば進むほど、その上で何を動かすか、それらのシステムをどのように監視・管理していくかが重要になってきそうです。

となれば、マイクロソフトの仮想化に対する運用管理の取組み、そして System Center ブランドの方向性も間違っていないようですね。

いろんなところで仮想化の話しをするのが楽しみでもあり、勉強すべきことも多くなってきたので、一旦自分の中で整理をしなければ。。。

Comments (0)

Skip to main content