デモ3つは欲張り過ぎかな


来週月曜日のイベントの準備が着々と進んでいて、プレゼンテーション資料も無事提出し、今はデモの準備中です。

最初の予定では、仮想環境の統合管理ツールSystem Center Virtual Machine Manager と、もしうまく見せられそうなら Windows Server virtualization (Windows Server 2008 の仮想化機能)の2つをデモする予定でした。

しかし、骨折で多くの仕事を肩代わりしてもらった分、少しだけ余裕がありまして、思わず System Center Service Manager という DSI の核となる製品(のベータ1)のインストールにチャレンジしています。

前提条件を満たすために SQL Server 2005 や Reporting Services (ともにSP2必須)、Microsoft Office SharePoint Server 2007、InfoPath などをインストールする必要があったり、Beta1らしく、ちょっと手順と違うことをするだけでうまくいかなかったりと、かなり時間がかかっています(ーー;)

※久しぶりにBeta1やBeta2と格闘中で、それくらい若手に任せて。。。と思う人もいるでしょうが、このタイミングから触っておくと、製品の出荷前にかなりの理解度で製品を説明できるようになるので、これはこれでエバンジェリストとしてはありなんですよ。

全て英語の環境では動かすこともできて、それがきっかけでなんとなくわかってきた気がするので、明日はイベント用に(出来るだけ日本語で)環境を作ろうと思ってます。うまくいけば、日本ではほとんと露出をしていない製品や機能を3つも見れるセッションになるかもしれませんね。

*****
念のため事前にお断りをしておくと、DSI は話しをするだけでも 60分では足りないくらいでして、そこに3つもデモをするとなると・・・ ん~、せっかく作ったデモですが、サクッとお見せするに留まると思います。寂しい(-_-メ)

Comments (2)

  1. まず、System Center Service Manager には SQL Server の Reporting Services が必須なので、Express Editionという選択肢はこれからもなさそうです。

    途中インストールする SharePoint Server 2007 も、データベースが自動でインストールされる「基本」を選択せずに、カスタムインストールにしてデータベースを指定するという流れになっていますし。。。

    で、早速ご指摘いただいたポイントに関連する情報があります。

    Beta1 の今は、Collation 指定があり、社内でもディスカッションが始まっているところです。ただ、日本では試したことがある人も少なくて、しかもCollation 指定が本当に必要なのかも見えていない状況なので、これから徐々にわかってくるというところでしょう。

  2. hirorin より:

    バックにSQL Server 2005が稼動する環境ですか。(わくわく)

    すべて日本語の環境で動くかどうか、これは是非ベータ版のうちに確認しておいてほしいですね。

    (英語圏の人が開発するのだから、英語環境で動くのはあたりまえ)

    MOM2005のときのように、SQL Server 2005のCollationがxxxxであるがゆえに動かない(インストールできない)とか言うことがあるようであれば、是非修正リクエストを出してくださいませ。

    SQL Server 2005 Express Editionなどが、途中で自動インストールされるのであれば、OSが日本語である限り絶対どっかおかしくなる(と確信しています)。

Skip to main content