松葉杖生活


(技術的なことを書こうと思いつつ、数日書き込みをお休みしてしまいましたが、また技術とは関係のないことになってしまいました)

実は今週の月曜日から復帰し、会社に通いはじめました。もちろん、松葉杖で。。。

そして、この松葉杖での通勤が辛いのです(^_^;)

初日は家から駅まで松葉杖で行ったわけですが、駅に着いたときには腕はパンパンで汗だくで、もう何もできないって思うくらい疲れていました。電車を乗り継ぎ、会社に行った後は、帰るのが怖いくらいです。そして、夜に家に着いたときには何もできないくらい疲れてて、足にビニール袋を被せてシャワーを浴びるのが精一杯。ようやく寝ました。

で、松葉杖生活者の視点での感想。

どの駅も、地は平坦だしエレベータもありますので、比較的スムーズなんです。
でも、道路の歩道が曲者で、凸凹していたり、微妙に斜めになっていたりする場所が多く、普段気にしないところに悩まされました。

もう駄目だと思って、2日目は駅までバスです。
バスって、松葉杖の人にとっては乗りにくくて、移動しにくくて、降りにくい大変な乗り物でしたが、バス停が家の前なので、腕への負担は非常に少なく、これなら大丈夫って感じです。

ただ、2週間ベッドの上で動かなかったのに、いきなり体力勝負のような生活になってしまったので、今日はお休みさせていただいて、明日ト明後日は頑張って通勤する予定です。

みんな席を譲ってくれるかって?

あるWebサイトで、男性よりも女性の前にいたほうが譲ってくれる確立が高いと書いてあったのですが、それは間違いなさそうです。バスと電車で手を差し伸べてくれたり席を譲ってくれるのは女性ばかりでした。 この声が届くか分かりませんが、本当にありがとうございました!!

席を譲ってくれた方が電車を降りようとした時にあらためてお礼を言ったら、すごくうれしそうな顔をしてくれました。こういうのってうれしいもんですね。

で、たったの2日間ですが、男性はというと、無関係を装うのは普通でした。
それから、実は松葉杖の私の前に平気で割り込んくる男性も少なくないですね。
こればっかりは、同じ男性としてちょっと考えされられました。

普段からあまり席に座らないので、譲る立場になることは少ないのですが、立ち位置とか微妙に工夫をしてもらえるだけでも全然違ったりします。こういうことにならないと気付けないことも多いので、足が治ったら不自由な人の事を優先してあげようと思います。
(こういう意識は常に持ち続ける自信はありませんが、こうやって書いておくだけで違うかも)

*****
もう1つ余談ですが、スポーツ選手の皆さん、松葉杖って上半身のトレーニングにはすごくいいかも。。。

Comments (4)

  1. hirorinさん、こんばんは。

    貴公子は無理ですが、逆三角形の体系で女性のハートをわしづかみできるとしたら、個人的には来期のゴール設定に入れたいですね(^。^)

    でも、今は、私が主役になるのではなくて、多くのITProな女性を主役にしたい気持の方が強いかも。

    全国行脚をしたり道場の後の懇親会でお話しをさせていただいたりすると、頑張っているITProな女性の意識の高さには驚かされることも多いですし、技術に詳しいかどうかは人によってばらつきはあったとしても、ひたむきに、そしてすごく前向きに勉強をしている姿ってかっこいいなあと思います。

    そういうITProな女性が主役になれば、世の多くの男性にとっても良い風がふく気がするんですよね。来期はITProエバンジェリストの候補となりそうなITProな女性を探してみようかな。

  2. hirorin より:

    復帰おめでとうございます。

    セミナー前にお会いしたとき、笑顔の下に疲労感が漂っていたというか、普段なかなか使わない筋肉使ってつかれたよーって、体が悲鳴あげているようでした。

    (そして、なにも立ち話をしていなくても・・・と思ったのは言うまでもありません)

    聞いたところによると、本当に週1しか運動していなかったようで、これを機会に健康維持という綿からの肉体改造に試みてはいかがでしょうか。普段何気に生活しながらたまっていくストレス、肉体と精神面、それぞれからいろいろ考えていくと、考えることにより堂々巡りになってしまうこともありますが、いろんな意味でよい結果を導きだせた機会で在ったことを祈っております。

    笑顔の下に(松葉杖による上半身強化で)逆三角形のがっしり体型になり、女性のハートをわしづかみ!

    ITProな女性に対する貴公子(?)になってくださいませ。

    そうそう、ギブスが取れたときの左右の足の太さに愕然としないでください。

  3. Sawadaさん、ありがとうございます!!

    「相手の立場を共感できる人」ですか。。。

    常にそういう人でありたいものですね。

    あと、気づいていたとしても知らない相手に手を差し伸べる勇気が必要なんだろうなって思ってまして、私がやらなくても・・・って自分自身を納得させようとしてしまったりするのではなく、行動してみることが大事だと感じました。

    「気づいたら行動してみる」のは、ビジネスの世界でも大切なことですしね。

  4. Sawada Masaya より:

    復帰おめでとうございます。

    しばらくは、不自由な生活が続きますが、無理をしないで、体力回復に努めてください。

    席を譲ってもらえるかどうかは、譲る立場の人が相手の立場を共感できる人じゃないかなと妊婦である妻がいっていました。確かに最近の私は、おなかの大きな人に目がいっていますね。

Skip to main content