込み合った電車で新聞を読む新入社員さんへ


今日は、誰もいない会議室で Webcast を取りたかったので、かなり久しぶりに早く会社に行きました。
会社に着いたのが7:30前だったので、電車も満員ではなかったのですが、それでも混んでましたね。

相変わらず、混んでいる電車ほどストレスが溜まるものはないと思ってしまいました。

そして、新入社員らしき男性(スーツの着こなしやらビジネスバックの似合わなさから想像)が、一生懸命日経新聞を読んでました。周りの人達に睨まれながら。。。

想像できるのではないかと思います。

「一人前の社会人になりたければ新聞くらい読んで来い」と言われた新人さんには、頑張れと言ってあげたいところではありますが、ふと、私が新人研修を担当していた時に新人さんに言ったことを思い出しました。

「新聞を読むのは良いことだし、空いた時間に情報収集をしたり勉強したりするのはビジネスマンにとってとて重要なことではあるけど、私は、みんなが一人前のビジネスマンである前に一人前の人間であってほしい。」

今以上に未熟だった私がちょっとだけかっこいいことを言った瞬間でした。かなり前ですが、その気持ちだけは変わってないですし、そろそろ今年入社された新人さん達が一人立ちさせられる時期に来ていると思うので、あえてその思いを伝えたいと思って書きました。

***********
人間には、パーソナルスペース(動物でいう縄張りのようなもの)があって、満員電車は完全に縄張りを無視され、入ってほしくない空間に多くの人がいるわけですから、ストレスは相当なものです。そういう状況にいることを理解し、それ以上、他の人にストレスを与えないように心掛けるのも大切ではないかと思ってます。

私も完璧な人間ではなく、他の人に迷惑をかけてないとは断言できないわけですが、皆が意識をし、気遣うことから始めれば少しは変わるのではないかと。

***********
ちなみに、私が勤めていた前の会社は、8:50 から体操をし、終わると点呼が始まる会社でした。(軍隊じゃないですよ、普通?の会社です)
10年近く満員電車にも乗っていましたが、今その生活に戻れと言われると厳しいだろうなと思います。早く起きたとしても家で数時間仕事をしてから会社に行くことでしょう。

私だけかもしれませんが、パーソナルスペースを侵されないというのは、そのくらい精神的に楽なことです。

********
ただ、昔の生活のほうがよかったと思うことが1つあります。それは、毎日同じ時間に体操をするという習慣ですね。できるだけ体を動かすようには心がけてますが、ジムに通うなんて続かないだろうと思ってるので、会社に強制されてでも毎日体操をするのは体にはよかったはずでして。

ん~、マイクロソフトの社内で一人で体操始めたら変だろうなあ。。。

Comments (0)

Skip to main content