Longhorn Active Directory のふりがな対応


5/24 のセミナーまでとっておきたい気もしますが、参加していただける方には実際の画面を見れるという利点があるということで、わかっている情報だけはどんどん公開してしまおうと思います。

******************
まずは第一段として、Longhorn Active Directory のふりがな対応についてです。

Longhorn Active Directory の User オブジェクトは、msDS-Phonetic xxx (例えば、msDS-PhoneticLastName) という属性を持っていて、そこでふりがなに対応します。

こちらがユーザープロパティのひらがなタブを表示したところです。

スキーマ拡張がデフォルトでされているだけとも言えなくもないですが、ふりがなを入力するUIや、ふりがなによるソートも可能となっているので、日本の企業ではかなり使われるのではないかと思っています。

こちらが、表示名でソートした状態です。

[Active Directory ユーザーとコンピュータ] で表示する項目にフリガナを追加するとこんな感じになるわけです。。。って、気付きました????

鋭い方から質問がくるだろうと思って、カタカナとひらがなでどう違うかまで試してみたんですよ。そうしたら、ひらがなでふられた仮名のほうが上にきました。 ただそれだけです(^_^;)

理由をご存知の方からするとレベルの低い話しでしょうが、こういうのを試すの好きなんです。
試してみながら一人にやけてしまい、思わず隣に座ってた田辺に声をかけて見てもらいました。子供のように「見て見て・・・」と騒ぎたいくらいでしたが、さすがに30代後半の私にはできませんでしたが。。。

で、全角と半角のカタカナでの違いを試すのを忘れてました。
今週は試す時間があるでしょうから、Blogに書いておきますね。

***********
ちなみに、前にもちょこっと書きましたが(こちら)、 msDS-Phonetic xxx 属性は Windows Server 2003 Active Directory に Exchange Server 2007 をインストールする過程でも拡張されます。

拡張可能な Active Directory だからと言ってみんなが自由に使っているのではなく、使い勝手の良いツールが伴ってこそ使われる機能もあったりするのだろうと思ってます。

次回はADSIEdit と Active Directory ユーザーとコンピュータが統合されたところをお見せします。
それでは、また。

zoe

Comments (6)

  1. ikono より:

    お返事ありがとうございます。

    現在も過去に勤めた会社も、このあたりは完全に英語環境・ローカライズなしですね。だし、OSがネイティブでサポートしてくれれば、大手を振って使えるので、「英語環境に一切影響を与えず、漢字も表示させたい」という発想になってしまうのですよ….。

    突っ込んでお話できる機会があれば、是非!

  2. ikonoさん、提案ありがとうございます!!

    多国語企業の場合でも、本社(もしくはITに関して中央と呼ばれる組織)が欧米なのか日本なのかで対応が変わってくるのではないかと思いますね。

    マイクロソフトの場合、ADを拡張して漢字名を入れてはおらず、漢字名が必要な場面を想定して、日本で独自システム(といっても難しいシステムではありませんが)を持っています。これが日本に本社を持つ多国籍企業であればそうはならないでしょうから。

    ikonoさんの会社は米国主導かと思ってたんですが、そうではないんですかね? Blogのコメントにかける内容ばかりではないと思うので、是非またお会いした際にゆっくりとお話しを聞かせてくださいね!!

  3. ikono より:

    …すみません、typoです、4年間ではなく14年間です….。

  4. ikono より:

    英米系の多国籍企業で数社、合計4年間システム管理をしてきた経験から、私は全く逆のアプローチを提案したいと思っています。それは、「現在の氏名のフィールドをローマ字表記の発音表記用として固定し、新たにローカル言語での氏名表記のフィールドを追加する」、というものです。

    ご存じのとおり、すでに世界中の多くの企業でADは導入されているわけですが、多国籍企業の場合多くのケースでは既存の氏名のフィールドはアルファベットのみの入力で統一していることと思います。それによってどの国でどの言語バージョンのOSを使っていても正常に表示でき、ユーザーも読むことができるわけですから。ここにさらに振り仮名フィールドが追加されても、そういった企業ではあまり使い道がないわけです。もちろん、日本のユーザーには氏名を漢字表記に変更し、ふりがなフィールドに平仮名でふりがなを入力することもできますが、他の国のユーザーは漢字表記の氏名の表示に問題が出るわけで、仮に表示できたとしても、ユーザーが読めるかどうかの問題が残ります。ふりがなフィールドにローマ字表記の氏名を入れることも可能でしょうが、ExchangeのGALなどでの表示名はやはり氏名のフィールドの漢字に引っ張られるのではと思います。

    むしろ、氏名はアルファベット表記で統一し、ローカル言語での氏名フィールドを追加すれば、日本以外の中国や韓国、アラビア語など特殊な文字で表記する国々のニーズをすべて満たすことができると思うのです。

    そうすれば、世界中どこでも扱えるという運用管理の利便性を害することなく、ごくたまに社内の誰かに荷物を発送するときなど、「あれ、この人の名前、漢字でどう書くんだったっけなぁ」という、米系企業勤務の日本人によくありがちな問題(私だけ?)も救われることになります。

    …どうでしょう?

  5. こんにちは。

    おっしゃることはよくわかります。

    そして、何を書いても日本語の製品を出荷しているメーカーとしては言い訳にしかならないこともわかってます。なので、私の中にある想いは、お会いできることがあればその時に直接お話しをさせていただければ幸いです。

    ただ1つだけ。

    上記変更に至るまでには、日本にいる開発系メンバーの相当な努力もあったわけでして、もし可能ならば、変わったこと、もしくは変わってきたことにも目を向けていただけるとありがたいなと思っています。

    どうぞよろしくお願いします。

  6. Koji より:

    こんにちは。

    以前から思っていましたが、もっとプラットフォームレベルで統一的な対応ってできないんでしょうかね。

    AppleのText Objectに期待していたのですが、結局APIレベルであり、個別実装が必要なものでした。

    Unicodeのルビ文字とかを使って文字列中にembedして、NLSレベルで実装を入れてしまえば、編集のUIとかは別にして、ソートくらいならそのまま動いてしまいそうな気がするんです。

    フィールドを追加してしまうと、対応したアプリ出ないと正しいソート順にならない、という結果になってしまい、UI が複数ある場合に――Outlook でアドレス一覧だと正しくソートされていないとか――統一性がなくなってしまい、なかなか使いやすいものにならないことが多い気がします。

Skip to main content