TechEd 2007 のサイトが立ち上がっています。


今年も、パシフィコ横浜にて TechEd 2007 を行います。

そして、公式サイトが既に立ち上がっています。
http://www.microsoft.com/japan/teched/default.mspx

去年は主役級に祭り上げてもらい、スペシャルセッションという特別枠までもらって、(かなり悩みつつも)1つのセッションの中に自分の想いをこめることができました。

去年の7月から今まで、セミナーやイベントで話した回数は60回を超えていますが、セミナーやイベントでは特定の製品や技術を話すことになるため、自由に想いを伝えることができるセッションはもうできないだろうと思います。

多くの関係者の期待に応えられなかったのではないかとか、もっと良い伝え方やもっと良い内容があったのではないかなど、あのスペシャルセッション後は反省することも多かったのですが、それでもやれてよかったと思ってます。

ただ、正直なところ、「あんなプレッシャーはもういいかなあ」なんて(^_^;)

**********
さて、そのTechEd ですが、案内しておきたいことが2つあります。

1つは早期割引中のお知らせでして、TechEdに参加されている方は出来る限り早めに登録をお願いします。特に、個人的に参加費を負担されている方ですかね。

(まさか自腹なんて。。。と思う方もいるでしょうが、本当にいるんですよ。)

それからもう1つ。

今年は2種類のパッケージ(フル参加チケットと限定付きのチケット)を用意しています。

もし、TechEd というイベントに参加したことがない方がいたら、限定付きのチケットで構わないので是非参加していただきたいと思っています。

なぜかというと、TechEd が持つ雰囲気を味わっていただきたいからです。限定付きのチケットが高いか安いかは議論が別れてしまうかもしれませんが、私自身、初めてTechEdに参加した時はすごいところにきたもんだとちょっと緊張したくらいです。

日本では、1社であれだけの規模のイベントをやる会社はそうないと思いましたし、IT業界の底力のようなものを感じてもらえるとしたら、それもありかなと思います。

ちなみに、マイクロソフトに入る前の私にとっては TechEd のセッションは内容が難しくて辛かったです。参加している他の人たちがめちゃくちゃ頭よさそうに見えて、会社で大きな口を叩いていた自分の小ささが恥ずかしかったくらいですから。ま、それでも、一度味わったTechEd の雰囲気は忘れられなかったですし、そんな普段味わえない感覚を体に覚えこませることで、数年後マイクロソフトのエバンジェリストになるなんていう人生の転機が訪れる可能性があるわけですしね(^.^)

***********
さてさて、今年のTechEd はLonghorn系のセッションがメインになるでしょうが、私は1年半近く担当してきたLonghorn系のセッションではなくDSIとマネージメント系製品(あたりかな)のセッションを2つやることになりそうです。

よって、今年はこじんまりとした部屋で話しができるかも(^.^)
Room A という一番大きな部屋は、私にはちょっと大きすぎたから。。。

zoe

Comments (1)

  1. 同じエバンジェリスト奥主から即連絡が来ました。

    TechEd ではなく Tech・Ed ですね。

    上の投稿を変更してもよかったんですが、違いを皆さんにもご理解いただくためにコメント化しました。

Skip to main content