コーチングに出会った


昨年、新人さん向けにセミナーをした会社の担当者の方からの紹介で、IT業界向けにコーチングをされている田中さんにお会いしました。

この会社の代表をされている方です。
http://www.combo3plus.com/index.html
http://www.companytank.jp/interview/0611/inter0530.html

IT業界でエンジニアやトレーナーのようなこともされていたようで、いろんな経験の後に独立して今に至るみたいですが、普通の人ではありませんでした(^.^)  もちろん悪い意味ではなくて、いたって普通のようにも思え、でも私が今までお話ししたことがないような感性を持っていて、話をしているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。

会社を立ち上げるくらいですから、コーチングのノウハウと自ら作り上げたパターンをお持ちのようなのですが、単にパターンをあてはめて何かをやらせて終わりというのではなく、1対1の対話を重視しながら課題分析やら意識改革をしていくらしいです。

で、とても気になった田中さんの言葉はこちらです。

今のIT業界のエンジニアは話を聞いてくれる人を欲しているようだ・・・

なるほど!!

大した話じゃなくていいんですよね。しかも、Longhorn のセミナーで話しをしたからといってLonghorn以外の話しは受け付けませんなんて言う必要もないんですよ。普段思っていること、セミナーを聞いて思ったこと、自分の会社はお金がないから新しい製品を入れられないんです・・・なんて話しをするだけでも、その場はすごく自然でやわらかくてあったかい空気が生まれることもありますし、そこにいるだけでやっぱりお互いに幸せなんです。

何となくみんなが寄って行く人とか、これだという仕事をしているわけではないのにいるだけで仕事が回りだすという人が、今のIT業界やプロジェクトに求められているんじゃないですかね? (ハジメ君に出てくる小野さんのように)

そうそう、酔っぱらった勢いもあって「アンケートのコメント欄に自分自身の力不足で不満足だと書いてあったんですよ~ こっちも一生懸命やってるので、力不足だと気づいたことに満足してほしいなあ」って言ってしまったんです。そしたらこう言われました。

「その人は今までアンケートのコメント欄になんか書いたことが無い人かもしれませんよ。その人がコメント欄を使って初めて反応を示してくれたのだとしたら、大変満足だと点を付けただけの人以上にセミナーを受けた甲斐があったかもしれませんよ。」

なるほど!!!!!!

超ポジティブシンキング & どんな状況でも相手を否定せずに幸せを得ているわけですね。
それに、ポジティブな想像って結構面白い~

****
そうは言っても私も人間なので、低い点や悪いコメントは辛いですが(人間ちっちゃくてすいません)、この件の後、少しだけ楽になった気がします。

田中さんありがとうございます!!  ついでに、Happy New Year Cardもありがとうございます!!
またよろしくお願いします<(_ _)>

****
ということで、自社で処理できている間は良いですが、何か会社がギクシャクしているようであればコーチングをしてもらうのもよいかもしれませんよ。

Comments (0)

Skip to main content