MS製品を扱うエンジニアの必須アイテム


便利になった TechNet Plus サブスクリプション がサービス開始です。


お客様に常駐していて、インターネットなどに簡単にアクセスできない人は「TechNet Plus サブスクリプション(64,000円)」。定期的に届く CD や DVD にはテストで利用できるMS製品やセキュリティ修正プログラム、その他の情報が入っているので、時間をうまく使えば多くの情報を収集できるはずです。


そして、比較的インターネットへの高速アクセスが許される方には「TechNet Plus Direct サブスクリプション(39,000円)」。自分の好きな時に試用期限に制限のないMS製品をダウンロードし、普通にテストすることもあるでしょうし、仮想環境上でさまざまな環境を作成し保存しておくことで、突然のサポート依頼にも即座に対応できるようになります。


***
ダウンロード提供って、製品が市場に出るよりはやかったりもします。
ベースとなる CD / DVD を作成し、それをもとに大量のコピーを作成、それが市場に流れていくわけです。すべてが一か所で行われている訳でもないので、輸送/移送の手間もかかります。でも、ダウンロードはある意味Webに載せればよいだけですから早いわけです。


***
両方とも24時間365日のサポートインシデントが2つ付きます。
そう、サポートを有効に活用すれば、どちらを買ったとしても非常にお買い得だったりします。
MS製品だけではないと思いますが、ソフトウェアを使っていると「あれ?」「おい!」「あ~あ」という時はあるでしょうから、そのような状況に置かれた時に問い合わせする先としてうまく利用してみてください。


*** はっきり言いましょう ***
MS 製品を利用してビジネスをしているエンジニアの方、自社内でMS 製品を試す立場にある方にとって、これらはもはや必須アイテムです。もちろん、開発までしようという方は MSDN もご検討ください。

Comments (0)

Skip to main content