Exchange 2007 をコマンドでインストール


まずはじめに。
この情報は、より多くの方と共有したかったので、マイクロソフトのサイトが提供している TechNet フォーラムでも共有してあります。


TechNet フォーラム


※ フォーラムでは双方向なやり取りも出来ますし、私からの情報発信を待つ必要もないので、是非積極的に参加してくださいね。


*****
さて、水曜日の IT Pro 道場 Love Beta 編の準備のためにいろいろと試していて見つけたのですが、Exchange 2007 の Setup コマンドはスイッチによっていろんなことが出来るようになっています。


興味がある方は以下のコマンドを実行してみてください。


 Setup.exe /?


この作業によってコマンドでのセットアップや自動セットアップ方法が見えてきますし、Exchange 2007 のGUI によるセットアップでは表示されることがなかった ForestPrep や DomainPrep に相当するスイッチもちゃんと用意されていることがわかりました。


Prepare Topology Usage:
    Setup /PrepareAD [/DomainController:<FQDN of DC>]
    Setup /PrepareSchema [/DomainController:<FQDN of DC>]
    Setup /PrepareDomain [/DomainController:<FQDN of DC>]
    Setup /PrepareDomains:<domainA,domainB> [/DomainController:<FQDN of DC>]
    Setup /PrepareAllDomains [/DomainController:<FQDN of DC>]
    Setup /PrepareLegacyExchangePermissions [/DomainController:<FQDN of DC>]


******
Exchange 2007 の運用と管理は PowerShell に統合されているわけですから、インストールもコマンドで自動化してしまうとすれば、ほとんど GUI を見ることなく作業を完了できそうですね。GUI の嫌いな人にはとっても朗報ではないでしょうか。。。

Comments (0)

Skip to main content