私が使うPCを私が選んで何が悪い!?



**会社は PC を買うための補助を出し、社員は予算とルールの範囲内で自分の好きな PC を買って使うとよい**


 


そんな面白い記事を見つけました。


 


http://itpro.nikkeibp.co.jp/a/biz/shinzui/shinzui0823/shinzui_01_1.shtml


 


私もまったく同感です。


 


アイデンティティとまで言ってしまうと大げさかもしれませんが、日本の均一化教育制度と同様、企業の中でも新しいことや人と少し違うことを否定する風潮があるような気がしてなりません。便利になるはずのITが不便極まりないもののように言われることすらあるというのは IT の仕事に携わる者として寂しい限りです。


 


たしかに、効率化だけを追い求めるのとは違ってロスもあるでしょう。


 


でも、同じ予算の中でならと、工夫する者あり、失敗する者あり、誰かにゆだねるものありと様々ならばこんな意見もでてくることでしょう。 




  • このマシンは軽くて使い勝手もいい


  • こっちの機種はバッテリーの持ちがいい


  • かっこはいいんだけど、使いだすと妙に熱い


  • 派手なノートPC買ったらお客様先で視線を集めた (ある意味、戦術?)


  • 最新機種を待ち続けて1年間予算を使えなかった(^_^;)

この手の話しは共有もしやすいですし、部署の壁をこえて人の交流が始まるきっかけになるかもしれませんし、悪い事ばかりではないと思いますがいかがですかね。


 


そこで、私にできることを考えてみると、


 


日本でもこのような時代が来ることを祈りつつ、時には声に出しつつも、このような方針を検討する企業が出てきた時に有益な情報を提供できるようにならなければなりませんね。となると、私の準備もまだまだです。


 


面白い記事を読んで モチベーション アーップ !(^^)! した高添でした。


Comments (3)

  1. Anonymous より:

    高添が面白いネタを取り上げているのでちょっと今回は余談系で頭を休憩させたいですな。

    バンドをやる奴、ギターに魅せられた奴、AV機器にめちゃめちゃハマっている奴 というのがPCを本格的に使う前はそういう流行りが私の周辺であったような気がします。私もカセットテープのケースに音楽雑誌の付録についていたラベルを使っていた口だったのを記憶しています。結構いるんじゃないのかな、IT業界にも…

  2. 横山さん、ありがとうございます。

    (取材者側が会社に戻って内容について議論するところが、結構リアルですね)

    マイクロソフトへのご期待にも応えていきたいですが、最後は国民性というか、ITとは関係のないところの議論にも発展しそうな気がしますね。

    ちょっと話は横道にそれますが、個人の責任と会社の責任 について、日本と中国の違いが書かれている記事があります。あまりに両極端な気もしますが、日本も中国から学ぶべきところはありそうです。

    http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/china/inside/060731_sekinin1/

  3. yokoyamat より:

    グローバルナレッジの横山です。

    関連解説記事として、以下のものもおすすめです。

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060823/246177/

    最初にPCを職場に持ち込んだ人も多くは、私物PCを持ち込んでいたわけですよね。

    そのシステムの復権という感じでしょうか。

    そうなると、個々のPCの管理ポリシーは緩く、ネットワーク管理ポリシーを厳しくする方向になるかと思います。

    本来、マイクロソフトは、PCの自由度を重視する(ときには重視しすぎる)会社ですので、今後の展開を期待しています。

Skip to main content