Exchange 2007 のインストール開始


IT Pro 道場 LOVE 編のために、Exchange 2007 のインストールを始めました。


まずは、Active Directory を立てた Windows Server ”Longhorn” にインストールを試みるもうまくいかず。そこで、 Longhorn AD を流用し、そのADに参加させた Windows Server R2 メンバーサーバー上にインストールを試みたが、それでも失敗。


※ AD のドメインモードは Windows Server 2003 で、ドメインやフォレストがLonghorn モードになっていたわけではないです。


結局 Windows Server 2003 R2 上に AD を立てて、そこに Exchange 2007 をインストールすることにしました。


以下は、Exchange 2007 インストール前にしておくことです。
Windows Server 2003 R2 であれば、Monad RC を別途用意するだけでよいのでが便利です。



  • .Net Framework 2.0

  • Internet Information Services 6.0 +ASP.NET
    (Exchange 2003 と違い、NNTP や SMTP は事前にインストールしてはいけない)

  • Monad RC
    (今のところ、PowerShell では駄目。名前が PowerShell になる寸前のMonad が必要)

  • Active Directory

  • AD のドメインモードは Windows 2000 ネイティブ以上 (要は混在モードは×)

で、インストールを始めるんですが、今日はこの辺で。
次回はインストールの画面と、実際にやってみた上で気づいた注意点を紹介します。


高添

Comments (0)

Skip to main content