Windows Server "Longhorn" Beta 2 に実装されたのは .NET Framework 3.0 ?


あくまでも現時点での話ですが、Windows Server "Longhorn"  には .Net Framework 3.0 が搭載されています。


Windows Server "Longhorn" の Server Manager という管理ツール上にて確認した時のスクリーンショットはこちらです。



Windows Server "Longhorn" が出荷されるまではまだまだ時間もあることですし、.Net Framework も開発が進んでいるようなので、現時点で Longhorn に搭載される .Net Framework のバージョンを気にしても仕方がないといったところでしょうか。。。


ただ、少なくとも、WinFX としてデベロッパーエバンジェリストが訴求してきた技術 (WPF, WCF, WF) と"Infocard" から名前が変わった CardSpace など、新しいアプリケーションプラットフォームとしても Longhorn Server が強力なものであることがおわかりいただけるのではないかと思います。

Comments (1)

  1. Anonymous より:

    MSDE2000サポート ライフサイクル(メインストリーム2008/04/08終了 … ファイルサーバを OS X Server に! [Tech・Ed2006]SQL Server 2005 SQL CLR 実践手法 – アジェンダ UNIXシェルスクリプト逆引き大全333の極意?Linux,FreeBSD,Solaris,Mac … [日記]Windows Server Upd

Skip to main content