Groove を触って、思わず頭を抱えてしまった


同じチームメンバーに促され、Groove 2007 のベータ版を普段使っているMyPCにインストールしました。


おっ、かなり良いです!!


チームコラボレーション用のワークスペースを作ると、チーム内でこんなことができます。



  • ファイル共有(もちろん、エクスプローラのように階層的なフォルダ管理もOK)

  • 情報の変更を知らせる機能

  • チャット

  • ディスカッション (チャットではなく、履歴を残したい場合によく使うパターン)

  • チームの予定表(イベントカレンダーにも使えるかな)

  • 会議記録

  • フォームによる投稿 (InfoPath を利用することも)

  • SharePoint サーバーと連動したドキュメント共有

  • 案件管理

  • オフライン運用

これこそ、「チームコラボレーションの本来の形ではないか」とまで思ってしまいました。。。


しかも、ワークスペースは招待制なので、ソーシャルネットワークのように「誰かが誰かを招待する」ことで参加者を増やしていくこともできる訳で、一種のコミュニティ形成ツールのようにすら思えたんです。


やっぱりすごい。


と思って、次に考えたのが「これをどうやってエバンジェリズムするか」ということ。本当に面白いツールなだけに、どうにかして響くメッセージを作りたいと思っているうちに”頭を抱えていた”のでした。


チーム内、クロスファンクション、プロジェクト、社内コミュニティ、いろいろと使い道はあると思いますし、これは使わない手はないという人すら出てきそうな感じがします。


そして、Grooveで情報共有しつつ、ある程度整理されたデータが最終的にポータルへと移行され、全社のナレッジとして共有していくというパターンもありでしょう。仕事の関係でSPS2007の勉強も始めたのですが、これがまた面白いので、面白いものだらけのセミナーでもできればと思っています。

Comments (0)

Skip to main content