System Center Configuration Manager 2007 (MMS2006 その1)


土曜日はマイクロソフトにとって重要な方々へLonghorn Server の話しをする機会がありました。なんとか動くDEMOをお見せできたのでホッとしている反面、しゃべりも進行もボロボロでとても反省の多いセッションになりました。


暖かく見守ってくれてDEMOが成功すると盛り上がってくれた皆さん、どうもありがとうございました!!
ボロボロな中でも、すごく楽しい時間を過ごすことができ、やってよかったと思っています。


 


さて、日曜日は体が動かないので休養日にして月曜日には出発・・・ということで今はサンディエゴのMicrosoft Management Summit 2006 (MMS2006) という Event に参加しています。今日は初日だったので新しい情報も出てきました。例えば。。。


  System Center Configuration Manager 2007
   http://www.microsoft.com/smserver/default.mspx


SMS v4 と呼んでいたもので Systems Management Server の次期メジャーバージョンアップ版のことです。SMS といえばクライアントのインベントリ管理とソフトウェア配布のツールという認識をされている方が多いと思いますが、次期バージョンでは Dynamic Systems Initiative (DSI) 実現に向けてシステム上で担う役割が大きくなり、それにともないイメージ一新となったのだろうと想像しています。
=マーケティングのメンバーとちゃんと話をしていないので、今日は曖昧な表現にしておきましょう。


SMS v4 が担う役割の変化については2月の Microsoft Developers Conference (MDC)で一部の方にはお話ししていましたが、マイクロソフトが目指すIT運用管理の姿について本格的に情報発信が始まったと思ってください。もちろん私からもいろんな情報発信をしていきたいと思っています。

Comments (0)

Skip to main content