WinFS を理解しなければ


今のところ、WinFS については明確にメリットを説明できるほど理解できていない。しかし、Longhorn Server が出てくるタイミングまでにはWinFSの利用シナリオも考えなければなあと思うようになってきた。

なぜか。。。

WinFS は、ファイルシステムのエンジンがリレーショナルデータベースになるだけではない。さまざまな種類の情報を格納できるように 複数のスキーマが用意されているので、情報を取り扱う際の柔軟性が飛躍的に向上しているのである。さらには、マルチマスタレプリケーションなどの機能も持っているので、遠隔地バックアップなどのシナリオも変わってくることだろう。

そして、NTFSからWinFSへと移行するパターンだけでなく、各種スキーマを有効活用することで簡易アプリケーションで利用されているDBも要らなくなる可能性が出てきたとだけ言っておこう。

Comments (0)

Skip to main content