DHCP のスコープを作成するバッチファイルを作りました。


R2 ファイルサーバーのレポーティング機能について書きたいのですが、違うことばかり書いてましてすいません(^_^;)


 


今日は週末のWeekend 道場のためにコンテンツをアップデートしていて、少しでも時間を短縮したいと思って DHCP サーバーのスコープ作成を自動化することにしました。
思いのほか簡単なので調べればすぐにわかることですが、その時間がないんだよ~っていう方のために情報共有をしましょう。


 


こちらが作ったバッチファイルの内容です。ブルーの記述が実際に動作する部分です。


 

rem 道場 DHCP 設定


rem Netsh による自動設定=事前にDHCPサービスだけインストールしておくこと。


 


rem サーバーの追加 (承認)はこれ


netsh dhcp add server dj-sv01.example.net 192.168.1.11


 


rem 念のため、サーバーの削除(承認の解除)はこちら


rem netsh dhcp delete server dj-sv01.example.net 192.168.1.11


 


rem スコープ作成


netsh dhcp server 192.168.1.11 add scope 192.168.1.0 255.255.255.0 ExampleNet newScope


 


rem スコープへのIPレンジの設定


netsh dhcp server 192.168.1.11 scope 192.168.1.0 add iprange 192.168.1.101 192.168.1.150


 


rem スコープオプション 003 Router


netsh dhcp server 192.168.1.11 scope 192.168.1.0 set optionvalue 003 IPADDRESS 192.168.1.1


 


rem スコープオプション 006 DNS サーバー


netsh dhcp server 192.168.1.11 scope 192.168.1.0 set optionvalue 006 IPADDRESS 192.168.1.11


 


rem スコープの有効化


netsh dhcp server 192.168.1.11 scope 192.168.1.0 set state 1



 


 


スコープオプションは DHCP サーバー管理ツール(GUI)のスコープオプション設定の画面を見るとすぐにわかります。


 


Netsh は対話形式でのコマンドにも対応しているので、気になる方はコマンドプロンプトで Netsh ってたたいて見てくださいね。また、もっと知りたいと思う方はこちらも参照して下さい。


 


http://www.microsoft.com/resources/documentation/WindowsServ/2003/datacenter/proddocs/ja-jp/Default.asp?url=/resources/documentation/WindowsServ/2003/datacenter/proddocs/ja-jp/netsh.asp


 


Netsh を利用すれば、静的IP アドレスの設定もわざわざLANカードのプロパティを開いて変更しなくてよくなるので、便利ですよ。


 


それではまた。


Comments (0)

Skip to main content