高速なストレージは人を幸せにする。と思う。 9/27 大阪でも東芝さん主催 SSD/Flash勉強会!

この数年間、いろんなストレージベンダーさんと一緒にビジネスをしてきました。 全力を注ぐと言えるほど時間を使えなかったのは申し訳ない限りですが、それでも高速ストレージや管理性の高いストレージの有用性など話をしていてワクワクするものでしたし、何よりストレージが高速化することによって受ける直感的/直接的な恩恵は誰もが知るところだと思います。 SSDも容量が増え、手の届かない高額なものではなくなり、企業システムでもオールFlashストレージが語られるようになり、Windows Server 2016 では NVMe SSDをSATA SSDとを認識してティアリングするといった話もでてきたりします。 そう、Software Defined Storageというソフトウェアスタックの話に合わせて、今はハードウェアも含めたストレージをきちんと勉強する時です。 情報発信をする側の私も、Interop Tokyo 2016 の東芝さんブースに呼んでいただいてWindows Server のストレージ機能についてお話をさせていただきましたが、それだけでは足りないので、その流れで進められている勉強会にもマイクロソフトとして参画しています。 そして、東京ばかりでやるのもなんなので、9月27日には大阪でセミナーがあります。 SSD/Flash勉強会(大阪会場) [主催:東芝] 私はちょうどアトランタに出張中のため、残念ながら参加できませんが、マイクロソフトからは皆さんご存知の小塚が登壇しますので、ストレージに対するマイクロソフトからのメッセージを是非お聞きください! 日本マイクロソフト 高添

0

9/21 MAS研 DevOps ワーキンググループ企画セミナー 参加者募集

先日立ち上げた Microsoft Azure Stack 研究会 (MAS研)のワーキンググループが動き始めました。 最初は DevOps ワーキンググループです。 Azure Stack 上でどのようにDevOpsを実現していくかなど、MAS研という枠の中でいろいろとディスカッションもされていくことになると思いますが、Azure Stack がTP1の現時点では無理にAzure Stackに合わせて議論をするより、まずはDevOpsそのものをあらためて勉強したほうがよいだろうということで、DevOps ワーキンググループ主催という形で DevOps セミナーを開催することになっています。 参加者は限定していませんので、ぜひ多くの方にご参加いただければと思います! MAS研 DevOpsWG 第1回DevOps勉強会 当ワーキンググループに参加されている方で、自分が考えているDevOps について参加者に語ってみようという方は、小塚までご連絡をお願いします。 えっ、いきなり?と思われたかもしれませんが、まあ誰かが始めないと動かないのが世の常ですから、答えなんて持ってなくてもこれから議論すればよいかなと(笑) ===== で、なぜ最初に DevOps かというと、最近、大手企業様を担当する営業のメールに DevOps という言葉が頻繁に出てくるようになったんです。 マイクロソフトのエバンジェリストチームが、グローバルでDevOps推進をゴールに掲げていることもあり、これは時が来たかなと。 (ずっとDevOpsをやってきた方からすると、今更何をと思われるかもしれませんが、みんなで当たり前にDevOpsを語れるようにするのも我々の仕事なのでご容赦を) ご存知の通り、私自身はDevOpsの専門家としてやってきているわけではないので、大きなことは言えませんが、きちんと勉強し、それでもDevOpsに近い方とお話をする機会を多くいただいていたので、企業内で実践することに価値があるものだということだけは理解しているつもりです。 これを機に、これまでDevOpsという言葉を遠くに感じていた方々ともDevOpsを語り合いたいと思っています。 日本マイクロソフト 高添

0

9/14は ハイブリッドクラウドで実現するITシステム最適配置まるわかりセミナー!

ビットアイル・エクイニクスさんとの久しぶりのセミナーです! https://www.bit-isle.jp/form/seminar_1/ (URLを忘れていたので追記しました) ========プログラム========================== 13:30   受付開始 14:00〜14:15 ご挨拶 ビットアイル・エクイニクス株式会社 14:15〜14:55 マイクロソフトのハイブリッド戦略 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添 修 氏 14:55〜15:05 休憩 15:05〜15:45 ハイブリッドクラウドを構成するマイクロソフトテクノロジーへの取組み ビットアイル・エクイニクス株式会社 後藤 諭史 15:45〜16:30 ビットアイル・エクイニクスパートナー企業の取組み 株式会社ISAO ネットアップ株式会社 日本ビジネスシステムズ株式会社 =========================================== タイトルはハイブリッドクラウド戦略と普通な感じなのですが、あらためて、私が今の市場に対して感じていることをマイクロソフトの動きも交えてお伝えしようと思っています。 それから、いつもお世話になっている後藤さんから、日本であまり見ることのないAzure Pack +αなハイブリッドクラウドのお話があります。Azure Packの画面からAzureの仮想マシンを管理する vConnect、ポテンシャルを感じる5nine 社セキュリティツールのAzure Pack連携、そしてAzure PackによるWindows Server 2016 Shielded VMサービスなど、Azure Stackを待たずにAzure Packがやりたくなる・・・そんなお話になると思ってます。 最近、外向けの発信が減っているので緊張するかもしれませんが、もし時間があう方がいたらご参加ください! 高添

0

Microsoft Azure Stack 研究会 (マスケン) 35社103名から研究スタートです!

Azure を自社データセンターに持ち込むというコンセプトを持つ Microsoft Azure Stack (MAS:マス)。 「ハイブリッドクラウド」をマーケティング用語とかではなく、現実的な基盤として本気で検討する企業が増えている中で、MASが持つコンセプトには多くの企業様が興味をもってくれています。ただ、昨今の激しいITの進化の時代に、MASは使えるのか、社内に何をもたらしてくれるのか、自社導入を検討している新しいテクノロジーと何が違うのかなど、まだまだ見えないところが多いのも事実です。 そこで、MASの正式リリースまでの期限付きで立ち上げた Microsoft Azure Stack 研究会 (マスケン:http://aka.ms/masken_annai) には、様々な思惑を持つ以下の 35社103名 にご参加を表明していただきました。(敬称略、あいうえお順) 株式会社アルファネット 日本ビジネスシステムズ株式会社 株式会社インターネットイニシアティブ 日本ヒューレット・パッカード株式会社 NTTコミュニケーションズ株式会社 日本ユニシス株式会社 株式会社NTTデータ ニュータニックス・ジャパン合同会社 F5ネットワークスジャパン合同会社 ネットアップ株式会社 関電システムソリューションズ株式会社 株式会社ネットワークバリューコンポネンツ クリエーションライン株式会社 株式会社ネットワールド さくらインターネット株式会社 野村総合研究所 GMOインターネット株式会社 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 シスコシステムズ合同会社 ビットアイル・エクイニクス株式会社 TIS株式会社 株式会社FIXER 株式会社 DMM.comラボ 株式会社pnop データコア・ソフトウェア株式会社 三井情報株式会社 デル株式会社 三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社 トヨタメディアサービス株式会社 ユニアデックス株式会社 株式会社豊通シスコム 株式会社リクルートテクノロジーズ 日商エレクトロニクス株式会社 レノボ・ジャパン株式会社 日本SGI株式会社 ※上記企業様の MAS 導入を確約するようなものではありません。 実は、マイクロソフトとしても今すぐに何かをお約束できる状況ではないため、コミュニティ的な要素も入れながらゆっくり立ち上げるつもりで、告知は私のセミナーとブログとFacebook、あとは知り合いにお声がけをした程度でしたが、お陰様で多くの企業様にご参加いただけたこと、とてもありがたく思っております。…

0

Azure RemoteApp サービス提供終了に関して

ハイブリッドをテーマにしたイベントやセミナーの中で、度々紹介してきた Azure RemoteApp ですが、サービスを閉じつつ、Citrixさんとの協業による新しいサービスへと移行を進めることになりました。 Application remoting and the Cloud 期待してくれていたお客様やパートナー様には大変申し訳ありません。 ただ、私なりに今手に入る限られた情報と向き合った結果、良き時代が終わる・・・といった感じではなく、あらためてRemoteでアプリケーションを動かすこととクラウドの関係を見直し、Citrixさんと共に新しい時代をスタートさせようとしていると捉えていただきたく思うに至りました。VDI市場でのCitrixさんの強さは皆さんもご存知でしょうし、マイクロソフトだけで進めるよりも市場へのインパクトは大きいですから。。。 日本のスペシャリスト前島による状況の整理とコメントもありますので、必ずこちらもお読みいただければと思います。 Azure RemoteApp 提供終了と今後に関する補足 そして、私自身が感じてきたことについても書かせて下さい。 私自身、VDI市場にはまだまだポテンシャルはあると思いますが、VDIのイベントやセミナーでクラウドという言葉がほとんど出てこないことに違和感を感じ、イベントの関係者にもそのようなコメントをさせていただいたことがあります。クラウド化がゴールだというつもりは全くありませんが、ワークスタイル変革にも重要な役割を果たすであろうソリューションの1つとして、セキュリティをテーマにしたソリューションの1つとして、スピード感というか変革の匂いというか、そういうものが感じられなかったのです。 もちろん、VDI自身が持つ「オンプレミスにアプリと情報と閉じ込めておきたい」という思惑と、クラウドという外へ出すシナリオとのギャップはあるでしょう。それでも、日本の大手企業様、最近ではメガバンク様ですらもOffice365というクラウドサービスをご利用いただける時代になりましたし、これまでのVDIの思惑に囚われすぎたり、クラウドが持つポテンシャルを無視するようでは、VDI市場のポテンシャルを自ら弱めてしまうのではないだろうかと考えたりもしたのです。 そこでRemoteApp!と行きたいところでしたが、上記サイトにもいろいろと書かれている通り、Citrixさんとの協業による RemoteApp の良さを包含した新しいマネージドサービスも登場するようですし、もうすぐ正式リリースするWindows Server 2016 のVDIをAzure上で展開するというシナリオも残っています。フルマネージドサービスのメリットとデメリットは VDI on Azure と Azure RemoteApp を比較された方にはご理解いただいていると思いますが、VDIを知り尽くしたCitrixさんのマネージドサービス XenApp “Express” には期待をしましょう。 そして、クラウドから配信されたアプリケーションがどこまでリモートを意識せずに利用できるのか?という問いに、クラウドは簡単に応えることができるという点もご理解いただきたく、まずは Microsoft Azure のマーケットプレースからCitrixさんの XenApp 環境(トライアル)を展開してみてください。トライアルではありますが、山本のブログにある通りとっても簡単に展開でき、あっという間にクラウド上のアプリを様々なデバイスから利用できるようになります。 Azure 上にMS VDIを構築するための Quick Start Template は Githubにもあがっていますので、インフラエンジニアさんがクラウドっぽいオートメーションを楽しむこともできます。また、今後は Azure VM にNVIDIAさんのGPUが使える Nシリーズが登場し、最近巷ではやり始めている GPU-VDI もMicrosoft Azureで受け止められるようになります。…

0

8/17 夕方 Hyper-Converged Infrastructure Community Meetup #4

いつもお誘いをいただくHyper-Converged Infrastructure Community Meetup の4回目が8/17の夕方から開催されます。 http://japanhci.connpass.com/event/36395/ 私も枠を用意してもらっているので、私のHCIへの認識、マイクロソフト自身のHCIへのアプローチに加えて、マイクロソフトが作るデータセンターやマイクロソフトが設計するハードウェアのお話もさせていただきます。 それから、8/18 はGPU や VDI 関連の会があります。 Japan GPU-Accelerated VDI Community Meetup #4 http://japangpuvdi.connpass.com/event/36396/ 私はこちらには参加できませんが、MSからも山本・藤本が参加して頑張ってくれると思います^^ ”N”の最新情報が間にあうといいですね。 両方とも、夕方からですが、ゆるーい感じで密度の濃い時間が過ごせますので、興味がある方は是非ご参加ください! 日本マイクロソフト 高添

0

1日で企業ITを変革できる方法教えます。 ~詳細は8月26日に

仮想化基盤が生み出すのは仮想マシン。 でも企業が生み出してほしいのは仮想マシンではなくビジネスの価値でありイノベーションと言われるようになりました。 だからクラウド! ん~でも、ビジネスの価値やイノベーションがゴールなのであってクラウド化はゴールではありません。 ここを勘違いしている人があまりにも多い気がする。 もちろん、クラウドにおけるITの進化のスピードが速く見えるは間違いありません。マイクロソフトはその理由を知っています。 なぜなら、これまでは、OSや製品を提供し、そこに包含された新機能の普及活動を行うことで企業内で使われる可能性が生まれ、その機能の実装方法をWEBに公開したりトレーニングを行うことで企業内でその機能の検証が始まり、実際に使おうという判断が下ったとしてもドキュメントがわかりやすいとかわかりにくいとかもあって実際に使われ始めるまでに数か月や数年というのが普通でした。 でも、クラウドはマイクロソフト自らが実装し、すでに動く状態に仕上げた形でサービスとして提供するわけですから、新しい機能の開発と利用者に対するアプローチの距離が一気に縮まるんです。新しい技術とクラウドとの間に直接的な関係がなくても、「新しい技術はクラウドから提供される」といったシナリオが描きやすいわけです。 では、パブリックなクラウドだけがそういうメリットを持っているのでしょうか? 実は、そうでもなくなってきています。 8月26日のセミナーでは、1日で企業内にプライベートクラウドを導入する方法をお知らせします。しかも、パブリックなクラウドのメリットを活かさないのはあまりににももったいないので、テーマはハイブリッドクラウドです。 全部パブリックなクラウドは無理。。。とわかっている企業さんには是非ともご参加いただければ幸いです。 ハイブリッドクラウド実践活用セミナー http://www.info-event.jp/dell/dhcs/q3/schedule/ 日本マイクロソフト 高添

0

7/28 Azure Stack “mini” Day Tokyo 2016 開催報告

2016年7月28日(木)  東京品川にて Azure Stack “mini” Day Tokyo 2016 を開催しました。 実は、7月初旬に OpenStack Day Tokyo 2016 があったので、そこに当てるつもりで準備を始めようとしたのですが、間に合わずに結局は7月の後半に実施することになりました。さらに、OpenStack Day Tokyo 後に「満足できなかった方はこちらに来てください」といやらしい集客をするつもりが(笑)、期初のバタバタと前期の勢いで残っている仕事に追われ、集客サイト立ち上げをFacebookで告知しただけになってしまいました。 それでも132名の参加登録(それ以外に、きちんとキャンセル処理をしていただけた方も多数)、当日は約100名の方々にご来場いただき、Azure Stack に対する期待値の高さをあらためて実感することとなりました。 Azure Stack “mini” Day Tokyo 2016 にご参加いただいた皆様、お忙しい中どうもありがとうございました! こちらに当日利用したスライドへのリンクを記載させていただきます。 高添分:20160728_AzureStackMiniDayTokyo2016_公開用  https://doc.co/DUTtsj ビットアイル・エクイニクス 後藤さんセッション分:Windows Server 2016 で実現する VXLAN ベースの SDN  https://doc.co/fgyG37 ※ 後藤さんのSDNセッションは、「みんな大好きWireShark」を使って Windows Server 2016 で動くVXLANのパケットを拾ったり、SLBMAX や Hyper-V 拡張スイッチにて動作するモジュールの説明をしてくれたりと、とても面白い内容でした。 ほぼ手探りであそこまで調べていただいた後藤さんに、心より感謝しております! また、”mini” イベント当日にご案内した 期間限定の Microsoft Azure Stack…

0

市場投入までの期間限定で Microsoft Azure Stack 研究会 (マスケン) 発足。参加企業募集中!

Microsoft Azure Stack とは、マイクロソフトが現在開発中のクラウド基盤構築用ソフトウェアです。 昨今の激しい市場変化によって、企業インフラストラクチャーを大きく見直す機会が生じていますが、パブリックなクラウドのメリットを享受しつつもオンプレミスやホステッドという形でプライベートなクラウドを活用したいという企業様よりAzure Stack が注目され始めています。そこで、複数の企業様※にご賛同いただき、要素技術に関する研究や理解度向上、検証結果の共有などを目的として、正式リリースまでの約1年という期限付きで活動を行う「Microsoft Azure Stack 研究会 (略称 MASKEN=マスケン)」を発足することとなりました。 つきましては、以下の条件などをご確認の上、ご参加のご検討をお願いいたします。 【研究会の活動】 情報共有会や分科会による参加者同士の情報共有 参加企業様が社内で利用可能なドキュメントなどの整理 Azure Stack セミナーや外部メディア向け Azure Stack 情報露出への協力 【研究会への参加条件】 本活動を企業名で露出できること (研究目的も可) Azure Stack の実機検証を行う環境/人員を確保できること、もしくは検証環境・関連情報の提供など、研究会の活動を支援可能であること 【ご参加方法】 公開可能な企業名、参加者名、連絡先、参加目的を明記の上masken@microsoft.com (Microsoft Azure Stack 研究会 事務局)までご連絡をお願いいたします。  —————————– ※現時点での賛同企業様 (アイウエオ順)  株式会社インターネットイニシアティブ様、F5ネットワークスジャパン株式会社様、クリエーションライン株式会社様、デル株式会社様、ニュータニックス・ジャパン合同会社様、ビットアイル・エクイニクス株式会社様、三井情報株式会社様 —————————– 【今後の予定 (Azure Stackを取り巻く状況の変化により変更の可能性もあります)】 Azure Stack 研究会 第1回集会 開催日時:2016 年 8 月 23日 (火) 18:00 ~ 20:00…

0

マイクロソフト系インフラエンジニア必見 Interact x Cloud Samurai 2016 Summer 明日開催!

Interact x Cloud Samurai 2016 Summer という名の、マイクロソフト技術のスペシャリスト達が4つのトラックに分かれて技術情報をお届けするイベントが、明日 品川で開催されます。 今回は、マイクロソフト社員からの情報発信ではありませんし、外の方からのメッセージは新しい気づきを与えてくれるはずです。 ブログに書くねと言っておきながら、投稿がギリギリになってしまいましたが、200名を超えるエンジニアさんが登録してくれていますし、期待値を裏切らないコンテンツが出てくると思うので楽しみにしていてください!そして、あと40人くらい受付られそうなので、知らなかった方、週末なら行けるという方は是非ご参加ください。 https://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/dn891434.aspx テーマは、現場のプロフェッショナルが語る「マイクロソフト製品、クラウド ソリューションを効果的に運用・構築するために知っておきたいこと」 ・Windows 10 の展開 ・ユーザーによるアプリ開発 ・SharePoint ・Exchange Server ・AD DS ・Azure Overview ・Azure VM ・Azure Log Analytics  (OMS) ・Backup ・PowerShell ・ハイパーコンバージド ・ストレージ ・SDN ・Nano Server ・Container ちなみに私もキーノート的なお時間をいただいているので、30分お話します。 何を話すか・・・は内緒、もちろん資料作成はこれから! それでは明日、品川にてお会いしましょう!

0