Word でページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、指定した用紙サイズ通りに印刷されないことがある

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Word でページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、指定した用紙サイズ通りに印刷されない現象について説明します。   現象 現時点でサポートしてるバージョンの Word では、ページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、以下 KB2636650 と同様に、指定した用紙サイズ通りに印刷できない現象が発生します。 Word 2010 および Word 2007 でページサイズに横幅の広い用紙サイズを設定すると、指定した用紙サイズ通りに印刷されないことがある https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2636650   状況 この問題を Word 製品の問題として認識しています。   回避方法 本現象は Word の不具合によるものですが、Word 側の設定変更による回避策はありません。 一般的な用紙を利用されている場合は、回避方法1 および 回避方法 2 をご検討ください。 誠に恐縮ですが、横長用紙を前提としたトラクターフィードの定型伝票やドットマトリクスプリンターを使用している場合の回避策はありません (プリンター側の設定を変更しても回避できません)。   回避方法 1 印刷に使用するプリンタードライバーがサポートする用紙サイズとして、横幅の広い用紙 A (W x L) と、用紙 A と向きの異なる用紙 B (L x W) が存在する場合、用紙 A サイズに印刷するためには、以下の手順で印刷します。…


PDF ファイルの表示内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付けると内容が重複する

こんにちは、Office サポートの町口です。 本記事では、PDF ファイルの表示内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付けるとき、内容が重複する現象について説明します。   現象 Microsoft Word で [アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ] を有効にして PDF 形式のファイルを作成し、 そのファイルを 3rd Party 製 PDF 表示ソフトで開いた場合に、次の現象が発生する場合があります。 ・内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付けたときに、内容が重複して貼り付けられる     回避策 以下のいずれかの方法で回避します。   方法 1 : 他の PDF 表示ソフトを使用する PDF 表示ソフトによってこの現象は発生しません。 PDF 形式のファイルを他の PDF 表示ソフトで開いて、内容をコピーしてテキスト エディタへ貼り付てください。   方法 2 : [アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ] を OFF にして PDF 形式で保存する 以下は Microsoft Word で PDF…


特定の Word データで印刷すると一部が白く抜ける

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Word で編集時や印刷プレビューでは確認できない、印刷時に白く抜けが生じる事象について説明します。   現象 Word で特定の文書を印刷すると、編集時や印刷プレビューでは確認できない印刷抜けが生じる場合があります。 印刷抜けが生じている部分には、空白のオブジェクトが存在しています。 本現象は、現在サポート中の Word 2007 から Word 2016 までのすべてのバージョンで発生します。   再現手順 以下は現象が確認できる文書を作成する手順の一例です。 1.  Word 2016 を起動し、白紙の文書を開きます。 2. 以下を入力します。    あああ    いいい    ううう 3. 二行目の いいい の行を右クリックし [段落] メニューを選択します 4. [段落] ダイアログの [インデントと行間隔] タブの [間隔] – [行間] を “固定値” に変更して OK で閉じます 5. 二行目の先頭にカーソルを移動し、リボンの [挿入] – [テキスト]…


32bit の Word アプリケーションで、印刷した際に一部のオブジェクトが印刷されない現象について

こんにちは、Office サポートの 佐村 です。 本記事では、32 bit の Word アプリケーションでドキュメントを印刷した場合、いくつかのオブジェクトが印刷されない現象について説明します。 現象 Word ドキュメントに多数のオブジェクトを配置している状態で印刷を行った場合、 一部のオブジェクトが欠けて印刷されないという現象が発生することがあります。 本現象は Word 2007 および Word 2010 で発生することを確認しています。   原因 32 bit の Office アプリケーションでは、扱えるメモリ領域はユーザーモードのメモリ領域として 2GB までとなっていることから、連続したメモリ空き容量が不足し、正しくオブジェクトを扱えることが できないことから、結果としてオブジェクトが印刷されないという現象が発生します。 これは、プリンタには依存せず Word アプリケーションからスプールファイルを作成した時点で問題が発生しています。 メモリ不足に起因する以下の現象も確認しています。 ・挿入された画像データ部分が赤いバツ印のアイコンで表示されない。 ・以下のメッセージが表示される。 「ディスクがいっぱいです。空き容量を増やすか、文書を他のドライブに保存してください。 次の操作を行ってください。 * 必要のない文書、プログラムまたはウィンドウを閉じます。 * 文書を他のドライブに保存します。」 なお、OS からはメモリが空いているように見えても実際には連続したメモリ領域が必要なため本現象が発生する可能性があります。   回避方法 1. オブジェクトの数を減らす 2. FavorTiledPrinting レジストリを設定する (効果に限りがあります) 3. 64bit 版の…


画像を貼った Word 文書を XPS などで印刷出力すると、Word のバージョンにより出力物のファイルサイズやピクセル数が変わる事象について

こんにちは、Office サポート チームです。 Office 製品ではバージョンアップと共に、機能の増加やセキュリティ強化など、時代や全世界のマイクロソフト ユーザー様のニーズを反映したものを皆さまにご提供しております。そのため、場合によっては過去バージョンと同じ動作をしないものもございます。 本記事では、画像を貼った Word 文書を XPS などで印刷出力すると、Word のバージョンにより出力物のファイルサイズやピクセル数が変わる事象について説明します。   現象 Word の [印刷] 機能を使用してファイル出力をした際に、文書に含まれる画像のピクセル数や、出力物のサイズが変わることがあります。   ファイルサイズとピクセル数が変わる画像の例                                                                      …