Office 365 ProPlus アプリケーションでバックステージビューのオンラインストレージを非表示にする方法について

こんにちは、Office サポート チームです。 今回は Office 365 ProPlus で バックステージ ビューの [ファイル] – [名前を付けて保存] などに表示される SharePoint Online 等のオンラインストレージを非表示にする方法についてご案内します。   説明 Office 365 ProPlusでは、バックステージ ビューの [ファイル] – [名前を付けて保存] 等のメニューに SharePoint Online や OneDrive のオンラインストレージが表示されます。 ※バックステージビューは、その他「開く」や「上書き保存」メニューにも共通で表示されます。   Office 365 ProPlus の最新のバージョンでは、この表示をレジストリやグループポリシーにて非表示にすることが可能です。 具体的な制御方法は、後述の 【方法】 の項で記載いたしますが、各方法には利用可能なバージョンや対象となる製品がありますので、下記の一覧を参照ください。 方法 1 、方法 2 では、Office 365 ProPlus の Excel / Word /PowerPoint アプリケーションを対象に、SharePoint /…


「最初に行う設定です」 ダイアログの制御

こんにちは、Office サポート チームです。 今回は「最初に行う設定です」 ダイアログの制御方法についてご案内いたします。   「最初に行う設定です」 ダイアログについて Office アプリケーションをインストール後に最初に起動すると、以下のような 「最初に行う設定です」 ダイアログが表示されます。 この設定は、ユーザーごとに設定いただく項目となります。 この画面は、Office カスタマイズ ツールや、グループポリシー、レジストリにて非表示にすることが可能です。   Office 2010 の場合 :   Office 2013 の場合 :   Office 2016 の場合 :   Office 365 ProPlus の場合 :     制御方法 Office カスタマイズ ツール、グループ ポリシー、レジストリーを利用した具体的な方法についてご説明いたします。 Office 2016 をもとに記載しておりますが、Office 2013 、Office 2010 でも同様の動作になります。 なお、レジストリのパスは、Office 2013 では、「16」 が…


SCCM で Office365 ProPlus の更新プログラムが必要と判定されない

こんにちは、Office サポートの西川 (直)です。   SCCM (更新プログラム 1602 以降) では、Office 365 ProPlus の更新プログラムを管理できるようになりました。   System Center Configuration Manager を使用して Office 365 ProPlus の更新プログラムを管理する https://support.office.com/ja-jp/article/b4a17328-fcfe-40bf-9202-58d7cbf1cede   本記事では、SCCM (System Center Configuration Manager) で Office365 ProPlus の更新プログラムが必要と判定されない現象について説明します。   現象 オンプレミス環境の共有フォルダ等、ローカルソースより更新プログラムを配布している環境から、 SCCM より更新プログラムを配布するように構成を変更した場合、SCCM クライアント上に該当の更新プログラムが表示されず、更新が適用できない場合があります。   対処方法 以下の方法を 1 から順に実施し、SCCM のスキャン動作が行われることで現象が改善する可能性があります。   方法 1. CDNBaseUrl の値が、更新対象のチャネルの URL となっているか確認し、正しくない場合は修正します。 キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration…


“Microsoft Barcode Control” について

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、“Microsoft Barcode Control” についてご案内します。   “Microsoft Barcode Control” は、日本語版 Access に付属している ActiveX コントロールです。 この ActiveX コントロールは、Access のレポートやフォーム上でバーコードを表示させるために利用します。   Microsoft Barcode Control には次の制限があります。   1. 日本語版 Access で利用可能なコントロール Microsoft Barcode Control は、日本語版 Access に付属しているコントロールです。 日本語版 Access でご利用ください。 ※ Microsoft Barcode Control は、英語版等、日本語版以外の Access では利用できません。   2. Access で動作保証しているコントロール Microsoft Barcode Control は、日本語版 Access…


Office 製品の UserVoice のご案内

こんにちは、Office サポート チームです。 今回は UserVoice のご利用についてご案内いたします。 マイクロソフトでは、Office製品をはじめとするマイクロソフトにて提供している製品、サービスに関するユーザー様からのご要望を UserVoice というサイトにて集約しています。 この UserVoice を通じて集められたユーザー様からのご要望を今後の製品開発時に活かすことで、より実際の運用に適した製品、サービスの提供を目指しています。 “このような機能があればもっと使いやすくなる” や “以前あった便利だった機能を再び追加して欲しい” などの実際に運用する上で出てきたアイデアがございましたら、各製品、サービスごとに開設しております以下の UserVoice サイトをご利用ください。 また、既存のアイデアに “Vote” を行うことでそのアイデアに対して賛同していただくことも可能です。   [各 Office 製品の UserVoice のURL] Excel https://excel.uservoice.com/ Word https://word.uservoice.com/ PowerPoint https://powerpoint.uservoice.com/ Access https://access.uservoice.com/ OneNote https://onenote.uservoice.com/ Visio https://visio.uservoice.com/   Office 365 製品の UserVoice については以下のページで別途ご案内させていただいております。 UserVoice の登録方法について https://answers.microsoft.com/wiki/a5081ef3-83f1-46b4-8032-37416f3925f2   [UserVoice のご利用に際して] これらのサイトから登録したアイデアは開発部門、もしくは開発部門に近い部門に寄せられるものとなるため、一部を除き英語での登録が必要となります。 以下の Bing 翻訳などをお使いいただき、英語にてアイデアの登録を行ってくださいますようお願いいたします。…


Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない

こんにちは、Office サポートの西川 (直) です。 本記事では、Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない現象について説明します。   現象 Office のドキュメントを開く際、以下のようなメッセージが表示され、保護ビューでドキュメントを開くことができません。   保護ビューについて 保護ビューとは、安全でない可能性があると判断されるファイルを開く際、コンピューターを保護するため、安全なプレビュー画面で開く機能です。   保護ビューで開く際には、以下のようなメッセージが表示されます。   保護ビューは、以下のような場合に有効になります。 ・インターネットから取得したファイル ・インターネット一時フォルダなど、安全でない場所から開かれたファイル ・Outlook の添付ファイルとして取得したファイル (送信元が安全ではないと定義されている場合)   なお、マクロ入りファイルを開く際に、以下のような、マクロが無効にされましたというメッセージが表示される場合があります。 これは、マクロは無効化されていますがファイルの編集は可能で、保護ビューで開いている状態ではありません。 そのため、本記事でご紹介するエラーメッセージが表示されるシナリオには該当しません。   詳細は以下の資料をご参照ください。 保護ビューとは https://support.office.com/ja-jp/article/d6f09ac7-e6b9-4495-8e43-2bbcdbcb6653   現象が発生する環境 Windows 8、8.1、Windows 10、または、Windows 2012 ベースの OS かつ Office 2013、Office 2016 、またはOffice 365 Proplus クライアントアプリケーション ※ Windows 7、Office 2010 では発生しません。 かつ Windows…


ボリュームライセンス版 Visio 2016 と Office 365 ProPlus を共存インストールする方法について

こんにちは、Office サポートの山本です。 本記事では、ボリュームライセンス版の Visio 2016 と、Office 365 ProPlus (Office 2016) を共存インストールする方法について、ご案内します。 ボリュームライセンス版の Visio 2016 と、Office 365 ProPlus (Office 2016) は、共存してインストールできません。 これは、ボリュームライセンス版の Visio 2016 は、MSI 形式で実行され、Office 365 ProPlus (Office 2016) はクイック実行形式で実行されるという、インストール テクノロジーの差異によるものです。 同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Visio、Project をインストールするためのサポート対象シナリオ しかし、ボリュームライセンス版の Visio 2016 に関しては、Office 2016 用の Office 展開ツールにて、ボリュームライセンス版の Visio 2016 の Product ID を指定しクイック実行形式でインストールすることで、Office 365 ProPlus (Office 2016) と共存してインストールすることが可能です。 Office 展開ツールを使用して…


Current チャネルで提供されている Version の Office 365 ProPlus を社内サーバーからインストールした場合、いくつかの新機能が有効にならない場合がある

こんにちは、Office サポートの 西川 (直) です。 本記事では、Current チャネルで提供されている Version の Office 365 ProPlus を社内サーバーからインストールした場合、いくつかの新機能が有効にならない現象について説明します。   現象 Current チャネルで提供されている Version の Office 365 ProPlus を社内サーバーからインストールした場合、以下の公開情報に記載されている Current チャネルの該当 Version のいくつかの新機能が、有効になっていない場合があります。   Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース https://technet.microsoft.com/ja-jp/office/mt465751   現象に該当する環境について 以下、本現象に該当する環境を構成する手順例を記載させていただきます。   0) 事前準備 ——————————————————– サーバ端末とクライアント端末を用意し、サーバ端末に \\Server\Share のパスでクライアント端末から名前解決される共有フォルダを作成します。   1) Office 2016 用展開ツールをダウンロードする (クライアント端末またはサーバ端末) ——————————————————– 以下のリンクから Office 2016 用展開ツールをダウンロードします。 Office…


クイック実行版 Office 2016 (Office 365 ProPlus) の更新チャネルについて

2017/02/15 Update!! 図の説明を分かりやすく更新しました。 こんにちは、Office サポート チーム 佐村です。 Office 365 ProPlus を展開する管理者は、更新プログラムを適用する頻度と適用対象の内容を制御する方法として、チャネルという考えを検討する必要があります。 本稿では、Office 365 (Office 2016) 以降から導入されたチャネルについて記載いたします。 チャネルについては、以下の資料に記載があります。 Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要 https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt455210.aspx ————— (抜粋 : ここから) ————— Office 365 ProPlus のメリットの 1 つは、マイクロソフトから毎月の更新プログラムを通して定期的に Office アプリの新機能をお届けできることです。ただし、Office 365 ProPlus を組織内のユーザーに展開する管理者は、ユーザーがこれらの新機能を取得する頻度を制御することができます。Office 365 ProPlus の Office 2016 バージョンでは、Office 365 ProPlus を新機能で更新する頻度を制御する更新プログラム チャネルと呼ばれる 3 つのオプションが提供されます。 ————— (抜粋 : ここまで)…


Office 2016 のクイック実行版環境で、VBA フォーム上のコントロールが表示されなくなる

こんにちは、Office サポートの西田です。 本記事では C2R 版の Excel 2016 で、2016 年 10 月にリリースされたバージョンで発生する問題についてご案内いたします。 2016/12/08 update 内容: Office 2016 のクイック実行版環境で、2016 年 10 月にリリースされた 16.0.7369.2038 以降のバージョンにアップデートを行うと、 VBA フォーム上にあるテキストボックスなどのコントロールに設定した透過設定が機能しなくなり、重なった場所にあるコントロールが見えなくなる事象が発生します。   2016/11/07 update 対処方法: Current Channnel 、First Release Defferd Channel をご使用の場合、Office 2016 のバージョンを16.0.7369.2054 以降のバージョンに更新することで改善します。 – 手動で Office 更新する方法 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Excel の、[ファイル] タブ – [アカウント] 画面の “更新オプション″ ボタンをクリックし、”今すぐ更新” をクリックします。   暫定対処方法: Current…