Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーになる

こんにちは、Office サポートの鈴木です。 本記事では、Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーになる現象について説明します。   2018/5/9 Update [対処方法] セクションを追記しました。 2018/1/19 Update [回避方法] セクションを追記しました。 Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーが表示され、ファイルを開くことができません。 この問題は、Word 2013、Word 2016 で発生します。 再現手順 Word で IRM 暗号化ファイルを開きます。 文書を編集後、保存せずに [閉じる] をクリックします。 [文書1.docx に対する変更を保存しますか?] のウィンドウで [保存しない] をクリックし文書を閉じます。 再度同じ文書を開きます。[ファイル] – [情報] – [ドキュメントの管理] に表示される未保存のファイルを開きます。 結果 以下のエラーが表示されます。 画面表示後、文書の復元を行うと、上書き保存され、以前の文書が失われます。   原因および詳細 この問題は Word 2013、Word 2016 製品の問題で発生します。 .doc 形式の文書では現象は発生しません。  …


Office 2013 で IRM 暗号化ファイルの [追加権限の要求] が機能しない

こんにちは、日本マイクロソフト Office サポート チーム鈴木です。 本記事では、Office 2013 で IRM 暗号化ファイルの [追加権限の要求] が機能しない問題について説明します。   現象 Office 2013 で IRM 暗号化されたファイルを閲覧権限のユーザーで開き、[追加権限の要求] をクリックすると、Outlook などの既定のメール ソフトの新規メッセージが起動しません。 この問題は、OS が Windows 10 および Windows 8.1 環境の場合に発生します。 再現手順 Excel 2013 を起動します。 [ファイル] – [情報] – [ブックの保護] – [アクセスの制限] – [アクセス制限あり] をクリックします。 [このブックへのアクセスを制限する] のチェックを ON にし、例として閲覧権限を [すべてのユーザー] に付与し、IRM 暗号化し保存します。 作成した Excel ブックを作成者以外の閲覧権限のユーザーで開きます。 ブック上部のバー上の [権限の表示]…


IRM 暗号化ファイルを Office で利用する際に制限される機能について

こんにちは、日本マイクロソフト Office サポート チーム鈴木です。 今回は、IRM 暗号化ファイルを Office で利用する際に制限される機能についてご案内します。 なお、 本記事は公開時点の情報のため、今後動作が変更される可能性があります。   目次 1.IRM の概要 2.制限される機能 3.外部の Office アプリケーションから IRM 暗号化ファイルの呼び出し 1.IRM の概要 Azure Rights Management および Active Directory Rights Management は、ドキュメント レベルの情報保護テクノロジです。 Office は、IRM (Information Rights Management) 機能によって、ドキュメントの暗号化および復号化を行います。 IRM 機能により、例えば以下のような暗号化が実現できます。   ・作成者は指定したユーザーにのみドキュメントの閲覧/変更権限を付与できます。 ・Server の権利ポリシーテンプレートにて、細かい権限の付与が可能です。   タイトル : Office 2013 で Information Rights Management を計画する URL…