Excel の散布図 (直線とマーカー) でグラフを拡大すると直線が正しくプロットされない

こんにちは、Office サポートチームです。 本稿では、Excel グラフの散布図に直線を設定した場合、グラフを拡大すると直線が正しくプロットされない問題について説明します。 現象 Excel で散布図 (直線とマーカー) を作成し、X 軸 Y 軸の表示範囲を極端に狭くしてグラフを拡大すると、マーカーを結ぶ直線が正しくプロットされないことがあります。 この現象は Excel 2007, Excel 2010, Excel 2013, Excel 2016 で発生します。 再現手順 セル上に以下のデータを作成する 上記の 4 セルを選択して、挿入から 散布図 (直線とマーカー) を選択する “データソースの選択” から、横 (項目) ラベルが以下の通りであることを確認する 0 1000 軸の書式設定から、X 軸 Y 軸ともに、最小値と最大値を固定してセットする 最大値 : 3 最小値 : 1 結果 直線が x = 1 のとき y= 1.4 を示すなど、期待通りにならない。…


Office 2013 で IRM 暗号化ファイルの [追加権限の要求] が機能しない

こんにちは、日本マイクロソフト Office サポート チーム鈴木です。 本記事では、Office 2013 で IRM 暗号化ファイルの [追加権限の要求] が機能しない問題について説明します。   現象 Office 2013 で IRM 暗号化されたファイルを閲覧権限のユーザーで開き、[追加権限の要求] をクリックすると、Outlook などの既定のメール ソフトの新規メッセージが起動しません。 この問題は、OS が Windows 10 および Windows 8.1 環境の場合に発生します。 再現手順 Excel 2013 を起動します。 [ファイル] – [情報] – [ブックの保護] – [アクセスの制限] – [アクセス制限あり] をクリックします。 [このブックへのアクセスを制限する] のチェックを ON にし、例として閲覧権限を [すべてのユーザー] に付与し、IRM 暗号化し保存します。 作成した Excel ブックを作成者以外の閲覧権限のユーザーで開きます。 ブック上部のバー上の [権限の表示]…


2016 年 11 月セキュリティ更新プログラム MS16-133 適用後 Word Viewer でドキュメントを開いた際レイアウトが正常に表示されない

こんにちは、Office サポートです。 今回は、2016 年 11 月のセキュリティ更新プログラムを適用した後、Word Viewer でドキュメントを開いた際レイアウトが正常に表示されない現象について説明します。   2017/1/5 Update 解決方法を追加しました。     現象 Word Viewer に対応するセキュリティ更新プログラム MS16-133 である KB3127962適用後、 以下のように Word ドキュメントを Word Viewer で開くと、レイアウトが正常に表示されません。 レイアウトが変わる例 : ・行頭のスペースが消えて、左詰めになる ・罫線が消えて、記号に置き換わる   Windows 10 上にインストールした Word Viewer で Word のドキュメントを開いた際の表示例 <KB3127962 適用前>     <KB3127962 適用後>       解決方法 2017/1/5 Update この問題を解決するには、Word Viewer の修正プログラム パッケージをインストールします。…


クイック実行版 Office 2016 (Office 365 ProPlus) の更新チャネルについて

2017/02/15 Update!! 図の説明を分かりやすく更新しました。 こんにちは、Office サポート チーム 佐村です。 Office 365 ProPlus を展開する管理者は、更新プログラムを適用する頻度と適用対象の内容を制御する方法として、チャネルという考えを検討する必要があります。 本稿では、Office 365 (Office 2016) 以降から導入されたチャネルについて記載いたします。 チャネルについては、以下の資料に記載があります。 Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要 https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt455210.aspx ————— (抜粋 : ここから) ————— Office 365 ProPlus のメリットの 1 つは、マイクロソフトから毎月の更新プログラムを通して定期的に Office アプリの新機能をお届けできることです。ただし、Office 365 ProPlus を組織内のユーザーに展開する管理者は、ユーザーがこれらの新機能を取得する頻度を制御することができます。Office 365 ProPlus の Office 2016 バージョンでは、Office 365 ProPlus を新機能で更新する頻度を制御する更新プログラム チャネルと呼ばれる 3 つのオプションが提供されます。 ————— (抜粋 : ここまで)…


Office 2010 の郵便番号辞書について

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Office 2010 の郵便番号辞書の更新についてご案内いたします。   はじめに 「Office 2010 の郵便番号辞書」と一言で述べた場合、2 つの辞書があります。   <辞書の種類> A. Office IME 2010 の郵便番号辞書 B. Office 2010 の郵便番号辞書   「A. Office IME 2010 の郵便番号辞書」とは 「A. Office IME 2010 の郵便番号辞書」は、「IME」 という言葉からもご想像いただける通り、Word や Excel などの Office アプリケーション上でハイフンを含む 7 桁の郵便番号を住所に変換する、機能となります。 例えば、Excel 2010 で国会議事堂がある永田町の郵便番号「100-0014」を入力して、変換の操作をします。           すると、、、変換候補の中に「住所に変換」という項目が表示されますので、この項目をクリックします。        …


画像を貼った Word 文書を XPS などで印刷出力すると、Word のバージョンにより出力物のファイルサイズやピクセル数が変わる事象について

こんにちは、Office サポート チームです。 Office 製品ではバージョンアップと共に、機能の増加やセキュリティ強化など、時代や全世界のマイクロソフト ユーザー様のニーズを反映したものを皆さまにご提供しております。そのため、場合によっては過去バージョンと同じ動作をしないものもございます。 本記事では、画像を貼った Word 文書を XPS などで印刷出力すると、Word のバージョンにより出力物のファイルサイズやピクセル数が変わる事象について説明します。   現象 Word の [印刷] 機能を使用してファイル出力をした際に、文書に含まれる画像のピクセル数や、出力物のサイズが変わることがあります。   ファイルサイズとピクセル数が変わる画像の例                                                                      …


クイック実行形式 (C2R) と Windows インストーラー形式 (MSI) を見分ける方法

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では クイック実行形式 (C2R) と Windows インストーラー形式 (MSI) を見分ける方法についてご案内いたします。 [はじめに] Office 2013 以降の製品では、Office 2010 までのバージョンと同じインストール方式で動作する Windows インストーラー形式 (MSI) と呼ばれる製品とクイック実行形式 (C2R) とよばれる新しいインストール方式で動作する製品があります。 インストール方式に応じて Office 更新の方式も最適なものが用意されており、正しい Office 更新方法をお選びいただくうえでも、まずはインストール方式の識別方法についてご紹介いたします。 (C2R および MSI 形式の Office の更新方法については本サイトの下部にてご案内しております。) Windows インストーラー形式 (MSI) のファイルは Windows インストーラを利用しているため、従来通り Microsoft Update による更新やサポート技術情報 (KB) の更新プログラムの適用が可能です。   クイック実行についての詳細は、以下の公開情報をご参照ください。 クイック実行の概要 https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219427.aspx クイック実行 (Click to Run, C2R) https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2012/10/23/click-to-run-c2r/…


Office 365 Sway を PowerShell を使用して指定ユーザー単位で有効化、無効化 (停止) する方法について

こんにちは、Office サポートの橋村です。 Office 365 で公開されている Sway アプリケーションについて、以前に PowerShell スクリプトを使用して、テナント全体のユーザーのライセンスを一括して有効化/無効化する方法をご案内いたしました。本記事では、テナント全体のユーザーではなく、指定したユーザーのみのライセンスを有効化/無効化する方法をご案内いたします。 目次 1. Sway のライセンスについて 2. PowerShell のインストール 3. ユーザーリストの作成 4. PowerShell で指定ユーザーのみを有効化する方法 5. PowerShell で指定ユーザーのみを無効化する方法 6. ユーザーリストをスクリプトファイルと別のディレクトリに格納して実行する方法 7. 関連情報 1. Sway のライセンスについて Sway のライセンスはユーザー単位で有効化/無効化を設定します。例えば、Office 365 E3 の場合は、下記の Office 365 管理センターのユーザー管理のページにて、ライセンスの詳細項目を表示することで確認、もしくは、設定することができます。 [Office 365 管理センター] – [ユーザー] – [アクティブなユーザー] – [製品ライセンス]の編集 2. PowerShell のインストール PowerShell を利用するには、以下のページに従って PowerShell の環境を構築する必要があります。…


Office 展開ツール ログによる Office 365 ProPlus のインストール確認について ( Logging 要素設定によるログの確認方法)

こんにちは、日本マイクロソフト Office サポート チームです。 今回は、Office 365 ProPlus インストール時の Office 展開ツール ログの確認方法についてご案内します。 Office 365 ProPlus インストール時の完了の確認方法は、イベント ログやレジストリなどいくつかありますが、今回は Office 展開ツールで出力されるログについてご案内します。   なお、 Office 製品は Office 365 ProPlus でインストールする Office 2013 および Office 2016 を対象としていますが、 今後、動作が変更される可能性があります。   目次 1.Office 展開ツールとは? 2.Office 展開ツールのログの出力について 3.ログの確認方法について   1.Office 展開ツールとは? Office 展開ツールは、クイック実行版の Office を組織内に展開する際に、管理者にてインストールを管理できるツールです。   機能紹介 ———– IT 管理者が、実行ファイル (setup.exe) と構成ファイル (XML…


!!2016/11/02 Update!! Word 2016 で、テキスト ボックスや図形のテキスト編集で 「→」「♪」などの記号が正しく変換できない件について

こんにちは。日本マイクロソフト Office サポート チームです。 今回は クイック実行版 および MSI 版の Word 2016 で、テキスト ボックスや図形のテキスト編集で 「→」「↓」「♪」「♭」などの記号が正しく変換できない事象が発生することを確認しております。弊社では、本件の調査を行っております。 現象 Word 2016 (MSI 版、クイック実行版) で、「やじるし」関連(”→” や ”↑” など)を入力して変換をすると、 「やじるし→」や「飢え↑」など、意図しない文字が確定される現象が発生します。   再現手順 1. Word 2016 を起動します。 2. [挿入] タブ で [図形] をクリックします。 3. [正方形] をクリックして、ドキュメント上にドラッグ アンド ドロップ で図形を挿入します。 4. 手順 3. で挿入した正方形を選択して、右クリックから [テキストの編集] をクリックします。 5. 「やじるし」と入力して、スペース キーを押します。 結果: 「やじるし→」と表示されます。 また、手順 5….