Office アプリケーションの種類と動作の差異

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Windows 10 で利用できる 4 種類の Office ついて概要をまとめ、ご案内いたします。   [Office アプリケーションの種類] Windows 10 で利用できる最新の Office には大きく分けて、デスクトップ版アプリケーションと、Microsoft ストア アプリ版のアプリケーションの 2 つの分類があります。 デスクトップ版の Office 2016 では、クイック実行形式 (C2R) と Windows インストーラー形式 (MSI) の 2 つの種類 (実行形式) が提供されており、Microsoft ストア アプリ版については、Microsoft ストア アプリ版の Office 2016 と Office Mobile という 2 つの種類が提供されているため、合計すると 4 種類の Office が提供されています。 このうち、クイック実行形式 (C2R) と…


Office 2016 アプリケーション起動時に「コンピューターに api-ms-win-crt-heap-|1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」等のメッセージが表示される現象について

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、Office 2016 アプリケーション起動時に「コンピューターに api-ms-win-crt-heap-|1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」等のメッセージが表示される現象について案内します。   1 現象 Office 2016 アプリケーションの起動時に、以下のメッセージが表示されることがあります。 (例) Excel 起動時のメッセージ           補足 : Office 2016 をインストールしている環境で、Office アプリケーション以外で上記メッセージが表示した場合においても、本記事の「対処方法」をお試しください。 dll の名前は他のファイル名で表示される場合もあります。 (例) “コンピュータにapi-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。”   2 原因 Office 2016 アプリケーションを実行するには、Visual C++ ランタイムのコンポーネントが必要です。 Visual C++ 2015 ランタイムのコンポーネントが足りない場合に、Office アプリケーションの起動などのタイミングで上記エラーが発生することがあります。   なお、Office 2016 はセットアップ時に、Visual C++ ランタイムに関する更新プログラム (KB2999226) を適用するように構成されています。 KB2999226 の更新プログラムを適用するための前提条件を満たしてない等で、KB2999226…


Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーになる

こんにちは、Office サポートの鈴木です。 本記事では、Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーになる現象について説明します。   2018/5/9 Update [対処方法] セクションを追記しました。 2018/1/19 Update [回避方法] セクションを追記しました。 Word で IRM 暗号化ファイルの未保存のファイルを開くとエラーが表示され、ファイルを開くことができません。 この問題は、Word 2013、Word 2016 で発生します。 再現手順 Word で IRM 暗号化ファイルを開きます。 文書を編集後、保存せずに [閉じる] をクリックします。 [文書1.docx に対する変更を保存しますか?] のウィンドウで [保存しない] をクリックし文書を閉じます。 再度同じ文書を開きます。[ファイル] – [情報] – [ドキュメントの管理] に表示される未保存のファイルを開きます。 結果 以下のエラーが表示されます。 画面表示後、文書の復元を行うと、上書き保存され、以前の文書が失われます。   原因および詳細 この問題は Word 2013、Word 2016 製品の問題で発生します。 .doc 形式の文書では現象は発生しません。  …


SCCM で Office365 ProPlus の更新プログラムが必要と判定されない

こんにちは、Office サポートの西川 (直)です。   ※ 2018/08/14 : 記事の構成を変更しました。   SCCM (更新プログラム 1602 以降) では、Office 365 ProPlus の更新プログラムを管理できるようになりました。   System Center Configuration Manager を使用して Office 365 ProPlus の更新プログラムを管理する https://support.office.com/ja-jp/article/b4a17328-fcfe-40bf-9202-58d7cbf1cede   本記事では、SCCM (System Center Configuration Manager) で Office365 ProPlus の更新プログラムが必要と判定されない現象について説明します。   現象 オンプレミス環境の共有フォルダ等、ローカルソースより更新プログラムを配布している環境から、SCCM より更新プログラムを配布するように構成を変更した場合、SCCM クライアント上に該当の更新プログラムが表示されず、更新が適用できない場合があります。   対処方法 以下の手順を 1 から順に実施します。そして、コンピューターを再起動し、SCCM や Office のスキャンが行われることで現象が改善する可能性があります。   手順 1. “Office 365…


Office 2010 に Wwlibcxm.dll の更新プログラムが適用されない

こんにちは、Office サポートの町口です。 本記事では Office 2010 に Wwlibcxm.dll の更新プログラムが適用されない (適用の必要がない) パターンについて説明します。     説明 Wwlibcxm.dll は、英語圏の特殊な環境のみに存在するコンポーネントです。 日本で日本語版の Office 2010 をご利用の場合には、システム内にこの dll は存在しないため、Wwlibcxm.dll の脆弱性はありません。 ご安心ください。 そのため、システム内に Wwlibcxm.dll が存在しない場合には、 Office 2010 のセキュリティ更新プログラムとして Wwlibcxm.dll が公開されても適用する必要はありません。   2017 年 6 月以降にリリースされた Wwlibcxm.dll の更新プログラムは以下です。 ・3203463 Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムについて: 2017 年 6 月 14 日 ・3213627 Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2017 年 10 月 10日…


Office 2010 に Ogl.dll の更新プログラムが適用されない

こんにちは、Office サポートの町口です。 本記事では Office 2010 に Ogl.dll の更新プログラムが適用されない (適用の必要がない) パターンについて説明します。     説明 Windows Vista 以降の OS 上の Office 2010 の環境には、システム内に Ogl.dll 自体が存在しないため Ogl.dll の脆弱性はありません。 ご安心ください。 そのため、ご利用の環境の OS が Windows Vista 以降である場合は、Office 2010 のセキュリティ更新プログラムとして Ogl.dll が公開されても適用する必要はありません。   2017 年 6 月以降にリリースされた Ogl.dll の更新プログラムは以下です。 ・3191848 Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2017 年 6 月 13 日 ・3213638 Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2017…


Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない

こんにちは、Office サポートの西川 (直) です。 本記事では、Windows Firewall が無効化されていると Office の保護ビューが開けない現象について説明します。   現象 Office のドキュメントを開く際、以下のようなメッセージが表示され、保護ビューでドキュメントを開くことができません。   保護ビューについて 保護ビューとは、安全でない可能性があると判断されるファイルを開く際、コンピューターを保護するため、安全なプレビュー画面で開く機能です。   保護ビューで開く際には、以下のようなメッセージが表示されます。   保護ビューは、以下のような場合に有効になります。 ・インターネットから取得したファイル ・インターネット一時フォルダなど、安全でない場所から開かれたファイル ・Outlook の添付ファイルとして取得したファイル (送信元が安全ではないと定義されている場合)   なお、マクロ入りファイルを開く際に、以下のような、マクロが無効にされましたというメッセージが表示される場合があります。 これは、マクロは無効化されていますがファイルの編集は可能で、保護ビューで開いている状態ではありません。 そのため、本記事でご紹介するエラーメッセージが表示されるシナリオには該当しません。   詳細は以下の資料をご参照ください。 保護ビューとは https://support.office.com/ja-jp/article/d6f09ac7-e6b9-4495-8e43-2bbcdbcb6653   現象が発生する環境 Windows 8、8.1、Windows 10、または、Windows 2012 ベースの OS かつ Office 2013、Office 2016 、またはOffice 365 Proplus クライアントアプリケーション ※ Windows 7、Office 2010 では発生しません。 かつ Windows…


ボリュームライセンス版 Visio 2016 と Office 365 ProPlus を共存インストールする方法について

こんにちは、Office サポートの山本です。 本記事では、ボリュームライセンス版の Visio 2016 と、Office 365 ProPlus (Office 2016) を共存インストールする方法について、ご案内します。 ボリュームライセンス版の Visio 2016 と、Office 365 ProPlus (Office 2016) は、共存してインストールできません。 これは、ボリュームライセンス版の Visio 2016 は、MSI 形式で実行され、Office 365 ProPlus (Office 2016) はクイック実行形式で実行されるという、インストール テクノロジーの差異によるものです。 同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Visio、Project をインストールするためのサポート対象シナリオ しかし、ボリュームライセンス版の Visio 2016 に関しては、Office 2016 用の Office 展開ツールにて、ボリュームライセンス版の Visio 2016 の Product ID を指定しクイック実行形式でインストールすることで、Office 365 ProPlus (Office 2016) と共存してインストールすることが可能です。 Office 展開ツールを使用して…


ボリューム ライセンス版 Office Professional Plus 2016 をインストールしている環境上で特定のエラーイベントが出力される

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、ボリューム ライセンス版 Office Professional Plus 2016 をインストールしている環境上で、特定のエラーイベントが出力される現象について案内します。   現象 ボリューム ライセンス版 Office 2016 アプリケーションをインストールし、MAK キーによるライセンス認証も完了している Windows Server 2012 R2 環境において、Application イベント ログに次のイベントが出力される動作が生じます。   ソース : Office 2016 Licensing Service 日付 :  xxxx/xx/xx x:xx:xx イベント ID : 0 タスクのカテゴリ : なし レベル : エラー キーワード : クラシック ユーザー : N/A コンピューター : xxxxxxxxx…


Windows と Office のバージョンによる組み合わせについて

こんにちは、Office サポート チームです。 本記事では、弊社が動作保証およびサポートサービスを提供している Windows と Office の組み合わせについて案内します。 メモ : 本稿は、2017 年 2 月 23 日時点の情報になります。     *1 Office 365 の Office 2013 は、2017/2/28 でサポートサービスの提供を終了します。Office 365 以外の Office 2013 は延長サポート終了日までサポートサービスを提供します。 Office 365 ProPlus 2013 のサポートは 2017 年 2 月 28 日に終了します https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3199744   *2 Office アプリケーションの起動などのタイミングで、エラーが発生することがあります。この事象の詳細を以下サイトで公開しておりますのでご参照ください。 Office 2016 アプリケーション起動時に「コンピューターに api-ms-win-crt-heap-|1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」等のメッセージが表示される現象について https://blogs.technet.microsoft.com/officesupportjp/2018/06/22/office2016kb2999226/   なお、OS の延長サポートが終了し、かつ、Office はサポート対象期間内の場合は、Office…