SharePoint Online/OneDrive for Business から Word/Excel/PowerPoint Online でファイルをそのまま編集モードで開けるようになりました


こんにちは、Office サポートの西川 (直)です。

 

SharePoint Online/OneDrive for Business からファイルを Word/Excel/PowerPoint Online で開くと、以前は読み取り専用で開かれていましたが、以下の記事の通りそのまま編集モードで開けるようになりました。

 

Title : Edit faster in Word, Excel and PowerPoint

URL : https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint-Support-Blog/Edit-faster-in-Word-Excel-and-PowerPoint/ba-p/220335

 

これにより、"編集" ボタンをクリックすることなく、そのまま編集できるため、よりシームレスに作業をすることが可能となります。

一方で、「ユーザーが編集したと意識せずに Excel ファイルが更新されました」と、お問い合わせをいただくことがあります。

これは、以下のような条件に合致した際に発生します。

 

条件

・Now 関数のような揮発性関数がファイルに含まれている

・ファイルを最後に保存した Excel のメジャーバージョンが過去のものである

 

一方で、上記の条件に合致するファイルをご利用されており、直接編集モードで開きたくないというお問い合わせもいただきます。

上記の記事のとおり、読み取り専用で開くか編集モードで開くか設定できるようなオプションは現在検討中となりますが、現時点では以下の方法により、読み取り専用でファイルを開くことができます。

 

方法 1 : プレビューを使用する

-----------------------------------

ドキュメントライブラリ上で右クリックし、"プレビュー" をクリックして表示します。

 

方法 2 : SharePoint Online のドキュメントライブラリの設定において、ファイルのチェックアウトを必須にする

-----------------------------------

SharePoint Online のドキュメントライブラリの設定において、ファイルのチェックアウトを必須にしていただきます。

 

Title : 自動保存とは

URL : https://support.office.com/ja-jp/article/6d6bd723-ebfd-4e40-b5f6-ae6e8088f7a5

※ "他のユーザーが謝って変更しない方法でファイルを共有することはできますか" をご確認ください。

 

なお、ファイルのチェックアウトを必須にするように構成いたしますと、編集時にチェックアウトが必須となってしまう、共同編集が出来なくなる等の留意点があります。

これは、以下の公開情報に詳細が記載されておりますので、ご参照いただければと思います。

 

Title : ファイルのチェックアウトを必須にするようにライブラリを設定する

URL : https://support.office.com/ja-jp/article/0c73792b-f727-4e19-a1f9-3173899e695b

※ "チェックアウトがライブラリで必須になると、どうなりますか。" をご確認ください

 

方法 3 : SharePoint Online のドキュメントライブラリの設定において、既定でクライアント アプリケーションでドキュメントを開く

-----------------------------------

以下の手順により、Office のクライアントアプリケーションでファイルを開くことで "読み取り専用" としてファイルを開いていただくことが可能です。

 

- 手順

1. 設定を変更したいライブラリにアクセスし、右上の歯車ボタンにある [ライブラリの設定] をクリックします。

2. [全般設定] セクションにある [詳細設定] をクリックします。

3. [ブラウザーで開くドキュメント] セクションにて "クライアント アプリケーションで開く" を選択して [OK] をクリックします。

ただし、Office 365 ProPlus の最新をご利用いただいている場合、クライアントアプリケーションにおいても自動保存が有効となります。

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content